成都現地発ツアー|成都現地旅行会社|成都現地発九寨溝ツアー|成都九寨溝黄龍ツアー|九寨溝ツアー|成都観光ツアー|成都現地旅行代理店|成都パンダボランティア|成都パンダ抱っこツアー

成都観光|九寨溝ツアー|成都発九寨溝ツアー|成都現地旅行会社|成都パンダボランデイア|成都現地発・ツアー

成都現地発ツアー、成都ツアー、成都現地ツアー、成都観光ツアー、成都観光ガイド、成都現地旅行会社、九寨溝ツアー、九寨溝現地ツアー、九寨溝ツアー成都発、成都発九寨溝黄龍ツアー、成都現地日本語ガイド、成都パンダボランティア、成都パンダ抱っこツアー、成都パンダ現地ツアー http://www.sctabi.com

成都旅行・観光の見どころ・観光情報

成都(チェントゥ)のショッピング情報
成都(チェントゥ)は中国西部で重要な商業の中心地。豊かな土地の産物が集まり、食品から雑貨までさまざまな商品が売られている。名産品としては成都(チェントゥ)近郊のピーシエンで作られた豆板醤や、ピーナッツや麻婆豆腐のもとなどの辛い味付けの食品、雅安で栽培された蒙山茶、成都刺繍や漆器などの工芸品など。繁華街は春熙路で、ショップが軒を連ねており日系のスーパーやデパートもある。また、錦里や寛乍巷子、文殊坊など古い街並みを再現したスポットでも、お土産の買い物ができる。
成都(チェントゥ)の気温・降水量ベストシーズン情報
四季があり、冬は比較的温暖だが、夏は蒸し暑い。春、秋が天気もよく、観光のベストシーズン。足を延ばして、高地へ行く場合は、夏でも服装に防寒着を加えること。
初めての中国、あなたにとって中国の物価は高い?
2013年の秋、私はパンダのふるさと、四川省成都にいました。泊まっていたユースホステルには会社を辞めてきた日本人長期旅行者の若者が何人もいました。みんな初めての中国旅行のようです。中国の物価について聞いてみました。日本から直接、中国に来た若者は「日本の物価より安いので、特に高くはないです」と言います。タイやベトナムを経由して来た若者は「予想以上に高くてびっくりしてます。特に交通費きついですね」と言うのです。タイは中国より物価が安いと言われています。日本人もタイを経由してくると、中国の物価高が身に染みます。本当に中国の交通費は値上がりしました。中でもバス代はかなり高くつきます。
中国旅行でかかる費用はいくら? その2 バスもしくは汽車、安いのはどっち?編中国旅行でかかる費用はいくら? その2 バスもしくは汽車、安いのはどっち?編
バスがメインの雲南省四川省の旅
大陸の鉄道網は発展していますが、内陸部には鉄道が通っていない地方があります。日本人も大好きな四川省九寨溝や、世界文化遺産に登録された雲南省の元陽などがそうです。四川省雲南省は山が多く、バスの旅がメインです。中国のバス路線は緻密で行けないところはないほどです。しかも高速道路も整備され、バスの旅は日本以上に便利です。私が初めて雲南省の一番南の西双版納(シーサンパンナ)に行ったのは94年でした。西双版納は東南アジアのような風景や文化を楽しめる観光地です。高速道路はなく、省都昆明から西双版納までバスで36時間かかりました。今では、昆明からの高速道路が全線開通し、所要時間はたった8時間です。
タイよりずっと高い中国の高速バス代
早くて本数が多いので、便利なバスの旅ですが、石油の値上がりにつれて、バス料金は上がりました。料金は距離によって決まっていますが、高速道路を走るかそうでないかによっても異なります。四川省の観光地の場合、南部の自貢は成都から約216キロ、すべて高速道路です。所要約2時間で料金は約80元(約1440円)。四川の東北部にあり、三国志の史跡が多い広元は成都より350キロ、全高速で約3時間、料金は約120元(約2160円)。毎日、移動すると、交通費はバカにできません。もし、ゆったりと中国旅行をする予定なら、できるだけ交通費は節約したくありませんか?
出発時間と塔茶時間が決めての鉄道の旅
交通費を節約する方法は、鉄道とバスの両方があるところは鉄道を選ぶことです。成都から自貢の場合、所要時間は約5時間ですが、料金はハードシートで約40元(約720円)。広元も同じく約5時間です。ハードシートの料金が約46.5元(約837円)。鉄道は時間が倍かかりますが、代金は半分から半分以下になります。出発時間、到着時間が選ぶ基準ですが、その時、列車は必ずTもしくはKで始まる番号のものを選びましょう。Tは特快、Kは快速の略です。数字4桁の列車は普通です。中国旅行の費用を節約するには、鉄道旅行を取り入れてみるのがおすすめです。
http://www.sctabi.com