成都現地発ツアー|成都現地旅行会社|成都現地発九寨溝ツアー|成都九寨溝黄龍ツアー|九寨溝ツアー|成都観光ツアー|成都現地旅行代理店|成都パンダボランティア|成都パンダ抱っこツアー

成都観光|九寨溝ツアー|成都発九寨溝ツアー|成都現地旅行会社|成都パンダボランデイア|成都現地発・ツアー

成都現地発ツアー、成都ツアー、成都現地ツアー、成都観光ツアー、成都観光ガイド、成都現地旅行会社、九寨溝ツアー、九寨溝現地ツアー、九寨溝ツアー成都発、成都発九寨溝黄龍ツアー、成都現地日本語ガイド、成都パンダボランティア、成都パンダ抱っこツアー、成都パンダ現地ツアー http://www.sctabi.com

四川料理成都グルメ

四川料理 四川火鍋
四川料理は、一般には唐辛子や花椒(山椒の同属異種)などの香辛料を効かせる辛い中華料理として知られます。四川省の中でも成都を本場とします。四川料理は中国各地に専門店が存在しており、「正真正銘・正統派の四川料理」という意味の「正宗川味」という看板をよく見かけます。
四川料理 宮保鷄丁
酸(酸味)・辣(辛味)・麻(しびれ)・苦(苦味)・甜(甘味)・香(香り)・鹹(塩味)の7つの味で成り立つことで知られます。特に痺れるような辛さを意味する「麻辣」(マーラーmálà)を味の特徴にしており、中国の他の地方の料理に比べて香辛料を多用しています。
タンタン麵
これは四川省重慶市の湿度が高く夏と冬の寒暖の差の大きい気候が関係しているとされます。これとは逆に、宴会料理では、砂糖を大量に使った極端に甘い料理や箸休めが出されることもあります。
夫婦肺片 四川料理
内陸という地域性を反映して海産品を食材として使うことは少なく、野菜、鳥獣肉、穀類を主体としていますが、近年は冷凍食品も普及していることから、海産食材も取り入れられています。
四川火鍋
成都を本場とする四川料理の代表的な料理はマーポー豆腐、夫婦肺片、宮保鷄肉、タンタン麵、火鍋料理などなどあります。四川料理の老舗は陳麻婆豆腐本店や成都老火鍋などあります。
四川料理 陳麻婆豆腐 担々麺
四川料理(しせんりょうり)は、中国四川省の郷土料理で、重慶市雲南省貴州省などの周辺地域をも含めた、共通する特徴をもつ郷土料理の系統を指します。中国での一般的な呼称は「川菜」と呼ばれ、中国四川省省都成都から発達した料理で、成都菜を正統とします。四川料理は中国三大料理の一つで、味つけは、酸 (すっぱ味) 、辣 (刺激的辛味) 、麻 (ぴりっとしまった味) 、香 (香り) が基本となり、苦 (苦味) 、甜 (甘味) 、鹹 (塩辛味) を加えた独特なもので、一番庶民に愛されていてます。
四川料理は真っ赤に染まった激辛メニューが多く、麻婆豆腐、担々麺、回鍋肉(ホイコーロー)、よだれ鶏、これら誰でも知ってる四川料理の代表的なものです。
麻婆豆腐(マーポートウフー)は豆腐とひき肉・ネギなどを、唐辛子・豆板醤・花椒などを入れて炒め煮したもので、唐辛子の辛さよりも山椒のしびれるような辛さ が特徴です。
担々麺(タンタン面)はゆでた中華麺に、すりごま・ラー油などを入れた辛みの強いスープをかけたもので、昔、担いで売り歩いたことから名付けられました。
回鍋肉(ホイコーロー)は豚バラ肉とキャベツ、長ネギなどを炒(いた)め合わせ、豆板醤と甜麺醤とで味を付けたもので、ホイコウロウとも言われます。
よだれ鶏は中国語で口水鶏と言い、蒸した鶏肉に豆板醤やラー油がピリッと辛い ソースをかけたものです。
成都訪問の際、是非とも100年以上の老舗、本店の『陳麻婆豆腐』で、本場麻婆豆腐や、2012、2013の期間、取材した中で一番おいしかったのは「無名包子」の肉まんや、TV取材も来る隠れた名店「洞子口張老二」の凉粉や、500杯食べた著者が選んだイチオシの激辛面屋「純陽館」の担々麺や、成都で一番人気の「干鍋」や「鍋鍋香」などなど一度ご賞味いただきたいと思います。

http://www.sctabi.com