成都現地発ツアー|成都現地旅行会社|成都現地発九寨溝ツアー|成都九寨溝黄龍ツアー|九寨溝ツアー|成都観光ツアー|成都現地旅行代理店|成都パンダボランティア|成都パンダ抱っこツアー

成都観光|九寨溝ツアー|成都発九寨溝ツアー|成都現地旅行会社|成都パンダボランデイア|成都現地発・ツアー

成都現地発ツアー、成都ツアー、成都現地ツアー、成都観光ツアー、成都観光ガイド、成都現地旅行会社、九寨溝ツアー、九寨溝現地ツアー、九寨溝ツアー成都発、成都発九寨溝黄龍ツアー、成都現地日本語ガイド、成都パンダボランティア、成都パンダ抱っこツアー、成都パンダ現地ツアー http://www.sctabi.com

成都観光 成都旅行 成都観光スポット 成都歩行街

寛窄巷子
寛窄巷子は古代から残された横町で、濃厚な歴史文化を持つほか、しっかり整えられとてもおしゃれな所で、上海の新天地と似ていますが、雰囲気はちょっと違います。寛窄巷子は三つの巷子(横町)からなり、それぞれは寛巷子、窄巷子、井巷子です。
寛窄巷子は成都で唯一残された清の時代の街で、南方の四川西部の住家の特徴を持ちながら、北方の満蒙文化の粋も含んでいます。寛窄巷子は成都の歴史と変化の証人です。
今の寛巷子には街内で最も多くしかも無傷である古い建築が集まっており、20軒余りの特色を持つ住宅があり、大部分は昔のままで残され、ほかの二つの巷子(横町)より古代の風情に富んでいます。ここは成都ののんびりした生活の見本だといえます。お茶を飲んだり、本場の四川料理を食べたり、成都の風土や人情を体験できます。
古代の建築を真似して建てられた錦里と違い、寛窄巷子は本物の古代建築です。中国の西南部にありながら、北方の建築様式です。これはなぜでしょうか? 清の康熙の時代に、康熙皇帝はチベットを鎮めるため北方の兵士を派遣しました。その後、千人ぐらいの兵士を成都に駐屯させました。寛窄巷子はその兵士たちによって、多くは四合院の建築様式で建てられました。ですから、ここは中国南方で北方の建築を最も保存してきた所となりました。
トイレ:観光地には二つの公衆トイレしかなく、一つは入口、もう一つは巷子の突当りにあります。
巷子は昔「如意胡同」と呼ばれ、辛亥革命の後は「井巷子」と改名されました。康熙の時代、多くの兵士が駐屯していたので、、この巷子は水不足になり、仕方なく巷子の西に井戸を掘り、兵士に水を提供しました。井巷子はそのことよって名付けられました。
話によると、昔井巷子に住んでいた住民は地位が低く、召使い、家来が多かったので、住宅はボロボロで、長い時間を経て、今の井巷子は半分だけになったので、約380メートルの長さしかありません。
寛窄巷子に来ると、静かな所或いは路傍の藤椅子に座り、ひなたぼっこをしながらぼんやりしたり、劇を聞いたり、昔話を語ったり、のんびりして時間を潰します。これは成都での生活スタイルです。
春熙路
ビルを上るパンダ
春熙路に行ったことなければ本当に成都に来たことがあるとは言えないと地元の人がよく言っています。ここは多くのデパートが集まり、一軒から出たらすぐ次のが目に入ります。
春熙路は成都都心部にあり、東大街の北部、南新街、中新街、北新街の東部、総府路の南部、紅星路の西部からなるエリアで、面積は20万平方メートルに達しています。春熙路は長い歴史を持つ繁華街で、成都で最も賑やかな商業歩道街です。
成都の春熙路は1924年命名され、今は88年の歴史を持ち、「百年金街」という美称があります。春熙路は商人の寄付と役所の命令によって建てられ、軍閥の時期に落成しました。当時の四川省の官吏である楊森の提案によって建てられ、最初は南北を貫く一つの街だけが建てられましたが、その後東西を繋ぐ二つの街が建てられました。最初は「森威路」と呼ばれていますが。老子の「道徳経」の中の詩句「众人熙熙,如登春台(みんなうれしく、まるで美しい景色を楽しんでいる様子。)」から春熙という二文字が用いられて名付けられました。ここは賑やかな繁華街で人々が楽しく生活している景色を描いています。
春熙路の最大の特徴はここは各ブランド品の専門店や数多くの老舗が集まり、観光客と地元のサラリーマンに好まれる所です。成都に来て観光客がもし春熙路を回らないことは、北京に行って王府井を回らないこと、上海に行って南京路を回らないことと同じで、とても損したことです。春熙路は成都で美人がたくさんいるファッションセンターだけでなく、グルメも数えきれないほど多くあります。
成都锦里
錦里は四川西部で最も古い歴史を持つ商業街の一つで、秦、漢、三国の時代でも中国で名を知られていました。錦里は武侯祠の隣、チベット自治区成都連絡所の周りに位置しているので、洗面橋横街、武侯祠横街など近くの街には多くのチベット人や僧侶が目に入ります。彼達はみんな身長が高く、皮膚は日焼けして黒く、伝統的な民族衣装を着ています。
成都の武侯祠博物館(三国歴史遺跡区、錦里、西区)の一部分として、錦里街の長さは550メートルで、三国文化と四川伝統民俗文化を主な内容としています。古街にはバーのエリア、四川料理屋エリア、府第旅館エリア、お土産の販売エリアが整えられています。
錦里は三国文化を主題として作られた古風な商業街です。ここは観光客に好まれるほか、優れている立地条件のおかげで、地元の人にも大人気です。
夜の錦里も面白く、上海の城隍廟と似ていますが、それほどうるさくはなく、古めかしい庭、特色のある店は濃厚な四川の風情が溢れています。
琴台路
琴台路は寛・窄巷子の南西に隣接する成都の宝石販売の大通りす。市内の大手宝石店はここに集まり、小さな料理屋さんも何軒かあります。琴台路の長さは900mで、両側には保存された古風な建物が立ち並び、2002年から民衆に開放されました。この街は漢や唐の時代の古風な建物を背景とし、司馬相如と卓文君のラブストーリーを主題とし、漢代の礼儀、舞踊、音楽、飲食などの民俗文化を表しています。
琴台路は西漢期の伝奇人物―卓文君と司馬相如の美談を記念するために名付けられたので、ここに来ると、彼らのラブストーリーをきっと知りたいですね。
卓文君と司馬相如の物語
卓文君は西漢の人で、美貌と才能の両方を備えており、彼女は裕福な家に生まれ、琴も得意でした。それ故彼女に求婚した人も多かったですが、彼女は貧しい書生である司馬相如だけを気に入りました。司馬相如は琴と文章に長じていましたが、家柄はよくないので、なかなか卓文君の家族に受け入れられませんでした。卓文君は愛のため、豊な生活をあきらめ思い切って司馬相如と一緒に駆け落ちしました。司馬相如には一銭もないので、仕方なく卓文君と琴台路で酒屋を始めました。人の嘲笑にも関わらず、卓文君は自ら酒を売り、司馬相如は雑事を手伝っていました。その後、卓王孫は自分のメンツを守るためよく二人を助けたので、二人はやっと豊かな生活を過ごせました。最後、司馬相如は官吏になり、偉くなった当初、卓文君を棄てようという考えが涌き、そして卓文君に何も書かない空白の手紙を書きました。卓文君はその手紙を見てすぐ悟り、詩を作って返事しました。司馬相如はその詩を読み、恥ずかしくてたまりません。その後、夫婦はずっと幸福な一生を送りました。
青い石板で舗装された道を歩くと、灰色の壁、形が様々な灯籠、尖っている軒……道の両側の古風の建物や建築の輪郭を描いているネオンは注目を集めています。そのほか漢の時代の浮き彫りもあり、これを一枚一枚読みながら進むと、漢の時代の宴会、歌舞、遊園、狩猟、車馬など当時の生活の有り様を大体分かるようになります。
http://www.sctabi.com