成都現地発ツアー|成都現地旅行会社|成都現地発九寨溝ツアー|成都九寨溝黄龍ツアー|九寨溝ツアー|成都観光ツアー|成都現地旅行代理店|成都パンダボランティア|成都パンダ抱っこツアー

成都観光|九寨溝ツアー|成都発九寨溝ツアー|成都現地旅行会社|成都パンダボランデイア|成都現地発・ツアー

成都現地発ツアー、成都ツアー、成都現地ツアー、成都観光ツアー、成都観光ガイド、成都現地旅行会社、九寨溝ツアー、九寨溝現地ツアー、九寨溝ツアー成都発、成都発九寨溝黄龍ツアー、成都現地日本語ガイド、成都パンダボランティア、成都パンダ抱っこツアー、成都パンダ現地ツアー http://www.sctabi.com

成都発楽山大仏 ツアー  峨眉山楽山大仏現地ツアー 成都発楽山大仏へバス  楽山大仏 行き方

楽山大仏成都
 楽山大仏は楽山市に位置し、岷江と青衣江、大渡河の合流するところにあります。凌雲山の栖霞峰の壁を背にして鎮座しているので、凌雲大仏とも呼ばれ、ユネスコに「世界文化と自然遺産」と認定されました。楽山大仏は胡座をかく姿で、唐の懸崖彫刻の象徴とされています。
楽山大仏ー歴史
 古代の楽山は岷江と青衣江、大渡河という三つの河が合流する凌雲山に位置し、水の勢いは激しく、ここを経由する船はよく沈没しました。海通禅師は水害を抑えるため、人力と財力をかけて楽山大仏を作りました。
 楽山大仏は唐の玄宗初年(紀元713年)に作り始め、仏像が肩の位置に修築された時、海通禅師は他界しました。海通禅師が死んだ後、仏像の修造は一時止まりました。長年後、剣南西川節度使章仇が寄付したお金のおかげで、工事が再開できました。工事の規模が大きいので、朝廷が麻と塩の税金をそれに転用することを許可し、工事を早めました。楽山大仏が膝の位置に修造した時、章仇は別のところに移転し、工事は再び止まりました。それから40年後、剣南西川節度使韋皋がお金を寄付し、工事を続けさせました。三代の匠が努力した結果、唐の徳宗貞元十九年(公元803年)に、90年間を渡る工事がやっと完成しました。
楽山大仏ー高さ
 楽山大仏は頭が山の峰と同じ高さで、足は河を跨って、両手は膝に置いて、山を背にして穏やかに鎮座しています。大仏全体の高さは71メートル、頭は高さが14.7メートル、幅が10メートル、髷が1021あり、耳の長さは7メートル、鼻の長さは5.6メートル、眉の長さは5.6メートル、口と目の長さは3.3メートル、首の高さは3メートル、肩の幅は24メートル、指の長さは8.3メートル、膝から足の甲までは28メートル、足の甲の幅は8.5メートルあります。足の甲には百人も乗せられ、中国で最も大きい壁彫刻です。
http://www.sctabi.com