成都現地発ツアー|成都現地旅行会社|成都現地発九寨溝ツアー|成都九寨溝黄龍ツアー|九寨溝ツアー|成都観光ツアー|成都現地旅行代理店|成都パンダボランティア|成都パンダ抱っこツアー

成都観光|九寨溝ツアー|成都発九寨溝ツアー|成都現地旅行会社|成都パンダボランデイア|成都現地発・ツアー

成都現地発ツアー、成都ツアー、成都現地ツアー、成都観光ツアー、成都観光ガイド、成都現地旅行会社、九寨溝ツアー、九寨溝現地ツアー、九寨溝ツアー成都発、成都発九寨溝黄龍ツアー、成都現地日本語ガイド、成都パンダボランティア、成都パンダ抱っこツアー、成都パンダ現地ツアー http://www.sctabi.com

亜青寺アチェンガルゴンパ

亜青寺(アチェンガルゴンパ)

f:id:chengdupanda:20180308104424j:plain


亜青寺(アチェンガルゴンパ、亜青[烏β]金禅林)は1985年建造、白玉(パンユル)県昌台区阿察郷にあり、弟子に閉関修行を強化させます。
現在に僧侶2万人が修行していて、特にチョモ(尼僧)が半数以上(1万2千)に達して、チベットでは有名な大きいお寺です。昌曲河に囲まれる小島が世界でも最大のチョモ(尼僧)区、小島の外はラマ僧の住んで修行する範囲です。
アチェンガルゴンパは白玉(パンユル)県より122キロ、甘孜(カンツ-)県より102キロ離れています。
亜青寺(アチェンガルゴンパ)は喇荣五明佛学院(ラーロン ウーミンフォーシュエユエン)と同じで、寧瑪派ニンマ(紅教)に所属します。4798mの峠(卓達拉山)と4410mの海子山(稲城県)を超えて、分かれ道に入って約7キロ離れる所がアチェンガルゴンパです。
アチェンガルゴンパ転読
朝8時、お寺内の尼僧と参拝者はお寺内にある仏教の経典の文章を刻まれる巨大な石壁に回って、転読は彼女らの日常の活動です。
アチェンガルゴンパ規則
規則が厳しくて、中には日が暮れてから商店に入ることが禁止されるため、毎日の夕方ごろ一番賑やかな所が野菜、果物類の売るお店です。僧侶が多く、お寺はできるだけ僧侶のために新鮮な野菜を確保しまし。
アチェンガルゴンパ医療
高原に位置する本寺は一番辛いのは医療の問題です。医療人手不足を改善するため多く僧侶を外へ派遣して、医薬品が不足したり、医療設備が遅れたりするから治療する時には通常の対応方法は生理食塩水を点滴します。
アチェンガルゴンパ生活
お寺は毎月僧侶に300元位の修行費を払って、不足分は家族から需要に応じます。僧侶らは自分の生活をよく処理しないと修行も難しいことになります。
アチェンガルゴンパ百日閉関
チョモ(尼僧)島より近くにある山の斜面には小屋があり閉関座禅の修行屋です。
百日閉関はアチェンガルゴンパでは一年中では大切な修行する内容です。11月真冬になりお寺の外の授業がそもそも終えようする際に百日閉関になります。百日閉関が終了後1%弱のチョモ(尼僧)しか 大恩上師の阿秋ラマリンポチェが公布する成就印を得ないです。ここに修行して来るチョモ(尼僧)は3年、5年、乃至10年も達して、百日閉関成就印はチョモ(尼僧)に対して何よりも大切な光栄です。
http://www.sctabi.com