成都現地発ツアー|成都現地旅行会社|成都現地発九寨溝ツアー|成都九寨溝黄龍ツアー|九寨溝ツアー|成都観光ツアー|成都現地旅行代理店|成都パンダボランティア|成都パンダ抱っこツアー

成都観光|九寨溝ツアー|成都発九寨溝ツアー|成都現地旅行会社|成都パンダボランデイア|成都現地発・ツアー

成都現地発ツアー、成都ツアー、成都現地ツアー、成都観光ツアー、成都観光ガイド、成都現地旅行会社、九寨溝ツアー、九寨溝現地ツアー、九寨溝ツアー成都発、成都発九寨溝黄龍ツアー、成都現地日本語ガイド、成都パンダボランティア、成都パンダ抱っこツアー、成都パンダ現地ツアー http://www.sctabi.com

成都観光 洛帯古鎮


「中国水蜜桃の郷」「中国国際桃花節」を開催する場所として知られている洛帯古鎮は四川省成都市の近郊に位置し、成都市内から18㎞とあらゆる交通が利用でき、アクセスにも便利な古鎮として「成都の裏庭」と呼ばれています。古鎮の大半は客家人の古街のように見事に保存され、「世界客家人第一の町」と称えられています。客家とは、西晋時代末期、唐末期、南宋時代末期などに戦乱を避けて黄河流域の中原地方から南下し、江南、江西、福建、広東などの地域に移り住んだ移民者のことです。またこれらの移住先からさらに四川などに移り住んだ者や海外への移民者も客家と言われています。現在でも出身地ごとに建てられた客家の活動拠点となった会館が残っています。言い伝えによると三国時代には既に一つの町としての歴史が始まっており、その時は「万福街」と呼ばれました。「洛帯」という名前の由来には二つの説があり、その一つが三国時代の蜀王の劉禅が井戸の中の鯉を捕まえようとして、うっかり腰に付けた玉帯を落としてしまったという逸話に因んだ説で、もう一つがこの一帯で天空から玉帯のように流れ落ちる川があることに因んだ説です。また、「洛帯」という名称が初めて唐の時代の書籍にはっきりと記載されており、1000年以上の歴史を持つ古い町であるということがわかります。

洛帯古鎮は観光資源としてだけでなく歴史的文化財が町のいたるところに点在しています。特に1000年の歴史を持つ客家人のユニークな建物が観光客の人気を集め、町の約85%の建物が客家系のものとされ、名実ともに四川省における客家人の集中居住地の代表する建築物として認められています。これらは主に「一本の街道と七本の路地」として区分されており、整然された空間が展開されています。町の左右には明清時代の建築様式をもつ店が軒を連ね、メインストリートである「一本の街道」は全長1200mもあり、幅8mの道全てが石畳みで整備されています。七本の路地は平行に街道を垂直に交わるように配列しています。そして、この町で最も厳重に保管されている国の重要文化財として「四大会館」(広東会館、江西会館、湖広会館、川北会館)と客家博物館及び客家公園があり、総面積約20000㎡の広さを誇ります。これらは中国古代建築において豪華かつ燦爛な建造物であると高く評価されています。また各会館内は主柱から天井まで鳳凰や龍、人物などの色鮮やかな絵がきめ細かに描かれ、いずれも高い芸術性を持っています。さらに巨大な半円形の「風火塀」(防火壁)は青煉瓦で築かれ、その造形美はさながら空を舞いあがっている龍のように見え、この時代の建築物の最も特徴的な点とされています。

これらの建築物が客家人の移民文化を裏付ける文化財として、また洛帯古鎮の貴重な観光資源としてもその観光文化の魅力をあますところなく表現しています。そして、この客家人文化に関する伝統的な風俗習慣が現在まで伝えられてきました。例えば客家方言といわれる独特の言葉や客家人の儀式として複雑な結婚の風習、実生活の中で生まれた素朴な感情を伝える民歌(民謡)、人々に親しまれている客家人の火龍や水龍を振り回す習慣、昔からずっと伝えられた美しい物語などがあります。また客家人の昔ながらの工芸品として主に木造細工や布工芸、藁編み、そして特徴的な服飾があります。最後に客家人の伝統料理も観光客にとって楽しみの一つとなっています。
http://www.sctabi.com

成都観光 平楽古鎮 平楽古鎮行き方

平楽古鎮は四川省成都の西南部にある邛崍市に位置し、成都市から93㎞の距離にあります。この古鎮の敷地面積は70平方キロメートルで、中には明清時代に建築されていた建物があり、昔から「一平、二古、三夾関」と言われてきました。平楽古鎮の歴史は上古まで遡り、2000年以上の歴史を歩み続けて「平落」と呼ばれたことがありました。また、平楽古鎮は自然の緑に覆われた中に独特の歴史的、文化的な雰囲気に包まれています。古鎮の西方を流れる美しい白沫江が長年にわたり古鎮独特の田園風景を形作り、この地の牧歌的な郷土文化を育んできました。

平楽古鎮は紀元前150年ほど前には町としての歴史を発足させており、以来地元の人々の手によって築かれた古い石畳みや古寺、古橋、大木、堰、牌坊、路地などにはいずれも歴史のロマンを含んでおり、村から聞こえてくる古い民謡が古鎮の純風美俗を美しく伝えています。

地理と気候に恵まれた平楽古鎮は山いっぱいに生えている竹を活かし、宋の時代から製紙の里として発展してきました。また、宮廷へ納める貢物であるお茶の産地としても有名で康熙皇帝からは「天下第一の圃」という証を授けられています。平楽古鎮を構成する古民居は大小合わせて33本の街道によって区切られており、一階が商品の売買を行う店として機能し、二階以上が住居となっています。その建物の殆どが木造で、釘を使わずにホゾとホゾ穴が組み合わさって造られ、屋根には黒一色の瓦が敷かれています。これら古民居は魚の骨のような形をしていて、それぞれの接続部が荷物の運搬に便利な港となっています。古民居の屋根は全体が整然として高低起伏のある美観を生み出しています。現在も明清時代の風貌を彷彿させる22本の街道が残されており、そのスケールの大きさと統一された均一美で四川省西部において名高い観光スポットであり、四川省西部最大の古民居群と称されています。

平楽古鎮は宗教文化の息吹が濃厚なところでもあり、昔から数多くのお寺や祠が建立されましたが文化大革命の時代にそのほとんどが壊されてしまいました。金華山の天宮寺の岩肌に刻まッれた現存する大仏は唐の時代のものであり、その厳かな雰囲気は生き生きとした生命感さえ感じさせます。また岩肌に丁寧に造られた「空を駆け巡る馬」の遺跡は中国全土にも二枚しかないことから重要文化財に指定されています。ほかにも1860年に建てられた楽善橋は四川省で最大規模の古代における石造アーチ橋があります。平楽古鎮にはシルクロードの通り道であったとされ、その証となる巨大な栗石で築いた道が広がっています。さらに、この古鎮は74ヶ所の製紙遺跡が発見されており、その存在は高く評価されています。最後に、平楽古鎮の歴史を静かに物語っているのが唐宋時代に植えられたガジュマルの大木群であり、まるで緑の傘のように炎天から古鎮を守っています。

このような古い歴史に育まれた平楽古鎮には独特の民俗行事も多く存在し、現在も人々に親しまれています。紙の原料とされたカラムシが砕ける際には労働の歌を人々の間で歌う習慣が定着しており、平楽古鎮のユニークな文化現象として高く評価されています。ほかにも平楽古鎮の竹細工やお茶、木彫り、木の根彫り工芸など長い歴史の中で伝承され、多くの人々を魅了しています。

平楽古鎮は小さいながら中国の輝かしい文化や歴史をうまく演出しており、古鎮全体が伝統文化や歴史の集大成になっています。そして、古鎮独特の歴史と文化、素朴な風習が人々の心を癒してくれます。
http://www.sctabi.com

成都観光 上里古鎮

上里古鎮は四川省雅安市から北に約27kmの位置にあります。上里古鎮の町の東は邛崍山、西は蘆山にそれぞれつながり、かつて古代の南方シルクロードにおいて主要地点として知られています。早くは唐の時代からすでに町として栄え始め、現在でも明清時代の歩道や建物が完璧に残っており、四川省の十大古鎮の一つに指定されています。

上里古鎮の見所として、第一に封建時代の女性の貞操を守り抜くため、女性の再婚を束縛する遺物として知られる牌坊が町の一大文化として形作られています。町に入るとまず目に入ってくるのが清の時代道光19年に造られた「双孝節」という牌坊です。この牌坊は4本の柱に支えられた石刻で、高さ11.25m、幅7.8mの大きさを誇ります。広さ1.1mの巨大な屋根の石のかたまりには20組の物語が細かく刻まれており、約100人の人物が登場しています。その精巧さ及び内容の奥深さは上里古鎮の牌坊を代表しています。

第二にデザインの異なるたくさんの橋です。上里古鎮には古代から近代にかけて十本の橋が造られ、現在でも町の交通に役立っています。その代表的なものが清の時代乾隆年に造られた「二仙橋」と「立交橋」です。これらの橋はいずれも石作りアーチ型の造型で、中国江南水郷に合う橋の特徴を持ち、シンプル且つ小ぢんまりとした造りをしています。その形状の美しさは川にも映り込み、より深い趣を作り出しています。

第三に上里古鎮は巧みな建築技術を駆使して造られた建築群が多く点在しています。その中でも代表的なものが「韓家大院」です。古鎮内には合わせて4軒の韓家大院があり、戸、窓、梁、軒などの細部は非常に手が込んだ造りをしており、透かし彫りや浮彫や嵌め込みなどの技法を活用し造形美にこだわっています。建築群は古鎮の歴史的な遺跡として、また貴重な観光資源としても高く評価されています。

第四に趣のある間欠泉文化です。白馬泉、噴珠泉は上里古鎮内のユニークな景勝地であるだけでなく、四川省においても名高い観光スポットとして知られています。また、これらの泉はすべて間欠泉であり、水温は15度程度、一日に何度か湧き上がり石造の龍彫刻の口から水が噴き出し、中央テレビ局の報道によると山東省済南の有名な「豹突泉」に勝るとも劣らない迫力であるそうです。

第五に塔文化です。古鎮は長い歴史の営みの中で多目的塔が数多く造られており、古鎮の街並をさらに魅力的に演出しています。古鎮を散策すると街並からひときわ目立つ塔の雄姿を見ることができ、文峰塔、建橋塔、舎利塔、薬王塔などが挙げられます。

上里古鎮は昔から「五家口」と呼ばれています。上里古鎮は水運に恵まれているほかに、肥沃な土地が広がることから、農業が発達し、周りから多くの人が集まり、清の時代になると次第に賑やかな町として栄えてきました。特に米やお茶の産地として人気が高まり、これらのメリットを生かして豊かになった現地の人々は子供への教育を重んじるようになりました。その後、このような教育を受けた子供がさらに出世して、社会的地位の高い役人になり、大邸宅を築く風潮まで広がるようになりました。記載によると上里古鎮では「金持ちの韓家」、「役人家族の陽家」、「食糧の陳家」、「武術の張家」、「淑女の許家」という華麗な五大名家があったとされており、「五家口」という名前はここから由来しています。現在、五大名家はいずれも存在しませんが、老朽化した建物からかつて大規模な雄大さや豪華な家庭の名残を彷彿させることができます。
http://www.sctabi.com

成都旅行 黄龍渓

黄龍渓古鎮は成都市から定期バスで南に40㎞、1時間ほど進んだ自然と歴史に恵まれた水郷の町です。この古鎮は約1700年の歴史を持ち、以前より「四川一美しい古鎮」と称えられてきました。この地は錦江と鹿渓河の合流点で、かつて赤水と呼ばれた場所に竜が隠れ住んでいたことから黄龍渓と名づけられました。川幅が広く水流も穏やかなので水運に最適な場所として発展し、歴史上でも軍事的に争奪し合った地であり、三国史で有名な蜀の諸葛孔明が南方遠征の兵馬基地にするなど蜀国と非常に関わりの深い地でもあります。また上流の成都下流重慶や楽山からの多くの船舶がこの地に停泊し、周囲の豊富な農産物が往来したことで早くから四川省西部における名高い水上貿易街として栄えていました。さらに黄龍渓古鎮は地理的条件だけでなく、豊かな観光資源や多くの文化遺跡にも恵まれるため、「四川省の歴史文化名鎮」「中国民間芸術火竜の郷」と評されています。現在、地域政府は古鎮など様々な観光資源を活用し、農業をベースとした新しいサービス産業(第三産業)での町作りに積極的に取り組んでいます。

黄龍渓古鎮の町は古い石畳みや牌坊、寺、祠(日本における神社)、古民居など多くの観光資源に恵まれ、清の時代に建造された建物も完璧に遺されており、映画やドラマのロケ地として注目を集めています。それらの建物は木造の組立ての上に青い瓦の屋根、周囲に美しい模様で窓の欄間も素朴で長閑な雰囲気を醸し出しています。外には樹齢300年を越える6本のガジュマルが村全体を覆い被さるように立っています。さらに町には鎮江寺、潮音寺、古龍時という3つの寺が現存しており、毎年旧暦6月9日及び9月9日に開催される縁日には昔日を思わせる賑やかな一日が再現されます。また、古鎮内にある「川音閣」ホテルは音楽をテーマにした独特の宿泊施設で、もともと四川音楽学院の教授だったオーナーがお客さん一人一人にバイオリン、ギター、ピアノなどを教えてくれるなど貴重な交流体験をすることができます。

黄龍渓古鎮はその歴史の長さから地元の豊かな物産を生かして開発された美味しい食べ物が数多くあります。特にこの地の名物とされている「一根面」(1本のヌードル)は四川省ばかりではなく、中国全土でも有名で、この独特の「一根面」は2011年10月に開催された中国美食観光祭でチャンピオンを獲得し、黄龍渓の「一根面」は2012年3月に開催された中国天府古鎮美食コンテスト大会で「中国天府十大古鎮美食」のチャンピオンを獲得するなど多くの功績を持つ一品です。また地元の名産として、手作り竹細工がお土産として大変有名で、繊細かつ強靭な竹の糸を様々な形状をした焼き物の表面に編み付けたもので、中国の工芸品の一絶と言っても過言ではありません。

黄龍渓古鎮では1年を通して様々な行事が開催され、最も有名なものとして旧暦1月1日から15日までの期間に盛大に行われる「火龍節」と「龍獅文化芸術節」という民間行事があります。この時期は歴史の文化の風情溢れる古鎮と中国の旧正月の賑やかな雰囲気で、日本では味わうことのできない日々を満喫することができます。
http://www.sctabi.com

成都観光 青羊宮

青羊宮は四川省成都市で指折りの道教建築物であり、道教の教祖と仰がれる老子が青い羊を引き連れ、この地に渡来してきたという故事に基づき建てられた周の時代から長い歴史を持っている由緒のある観光地となっています。有名な武候祠や杜甫草堂に隣接する青羊宮は百花潭の北岸に位置し、歴史の中で何度か名称の変遷がなされ、青羊肆、青羊観とも呼ばれました。唐の中和元年(紀元881年)、唐の僖宗皇帝が黄巣の乱から逃れこの地に避難した際、土の中から「太上平中和災」と書いた玉の煉瓦を見つけたという逸話が残っています。唐僖宗皇帝はこれを太上老君が国の乱を鎮めてくれるために暗示した「お墨付き」である縁起を担ぎ、太上老君を「太上元元皇帝」として封じました。さらに莫大な国財を使って青羊観を建てなおし、その名を「青羊観」から「青羊宮」に改名し、「宮殿」クラスに昇格させました。その後、唐や宋の時代に青羊宮は道教の信奉の最盛期を迎えました。明の時代末期、戦火に焼かれて潰えましたが、清の時代には全ての建物が再建され、現在に至ります。青羊宮は敷地面積約12万平方キロメートル、主な建物は南北を走る中間線を中心として整然として配置されています。そして、この中間線は南から北にかけて次第に高くなり、順に「霊祖楼」、「混元殿」、「八掛亭」、「三清殿」(無極殿)、「玉皇閣」、「降生台」、「説法台」、「唐王殿」(紫金台)などが並んでいます。すべての建物おいてスケールが大きく、日差しが良く明るいです。特に「降生台」、「説法台」、「唐王殿」は三清殿の北にある10数mも高い丘に建てられた入母屋造りの建築様式で、人々を驚嘆させる力強さが感じられます。

青羊宮の境内には清の時代光諸32年(1606年)に造られた銅羊、銅鐘、鉄の鼎、鉄の花瓶、鉄の燭台などの装飾品があり、重要文化財に指定されています。さらに1959年以降、境内には植物や花が植え付けられ、鑑賞や休憩の亭が建てられました。そして築山や人工湖を建造したことから散策のための閑静な小道が開かれました。このように青羊宮は当時以上に景色が綺麗になり、成都市の総合文化公園にまで成長しました。ここでは毎年農歴2月に成都の花の博覧会が行われ、多くの市民から親しまれています。

また、青羊宮は道教に関連する『道蔵輯要』を貯蔵していることでも有名で、合計13000枚の白檀で両面を丁寧に彫刻されています。現在に至るまでの中国の道教を保存するものとして最も完璧な「木版」資料であり、貴重な道教の歴史的文化財でもあります。

そして、青羊宮一とされる貯蔵品は青銅の羊像であり、三清殿の前に一対として飾られています。片方は一本角、もう片方は二本角でその巧みな細工と特徴的なデザインでお互い呼応するように並び、異彩を放っています。一本角の羊はニワトリの目と牛の鼻、ウサギの口、羊のヒゲ、ネズミの耳など十二支である12種の動物の特徴を持ち合わせ、病を治す十二支の化身とされています。また、羊の胸には陰刻隷書の「蔵梅閣珍玩」という立派な五文字が刻まれています。政府の宗教政策を緩和され、一般公開された青羊宮では、この二体の銅羊像が四川省保護文物として保存され、当初は三清殿に納められていました。2004年6月に成都で行われた国際道教文化祭にあたり、このオリジナルの銅羊像の三倍にあたる大きさの銅羊像がペアで開眼式において披露され、青羊を触り神の羊のご利益を頂くという古くからの慣わしが復活しました。
http://www.sctabi.com

ミニヤコンカ山ハイキング 成都発ミニヤコンカ山ツアー

海螺溝·ミニヤコンカ
海螺溝は四川省の西南にあり、成都から約340キロで、バスにて約7時間掛かる。ミニヤコンカ(貢嗄山)の麓に位置する。氷川でも海螺溝の夏の表面平均温度は25度もある。雄大な氷川や木々のこんもりと茂る原始林や新鮮な空気や静かな境などが観光客にうっとりさせて無我の境になる。
 ミニヤコンカ(貢嗄山)という山はチベット語で白氷雪という意味で、一年中氷雪に鎖らされている。一番高い峰の海抜は7556メートルで、四川省では最高である。「蜀山の王」と称される。
 ミニヤコンカ(貢嗄山)山の地域は氷川が71カ所もある。海螺溝はミニヤコンカ(貢嗄山)山に一番大きい氷川で、総長は30.7キロで、原始林まで6キロ延びていて、うっそうたる原始林を通って龍のように飛んでいる。それで、緑の氷川と称えられた。当然、海螺溝の入っていくのはとても容易である。下隆は海抜最低の一つの氷川である。ここの氷川は姿がさまざまな奇怪で、違った形状の氷のものが人に考えさせる。毎年の3月から10月まで氷川を観賞するいいシーズンである。
 海螺溝は三つの特色をもっている。一つは海螺溝は麓に位置し、氷雪をいただくまでずば抜けて垂直に立つミニヤコンカ(貢嗄山)山をのぞみおりて、夕日が氷雪を頂いた山に照って光がきらきらと輝いていて、景観が壮麗で変化に富んでいる。
 もう一つは世界で多くの氷川が高い海抜のところにあって、海螺溝では低い海抜の氷川が高い峰谷から流れ降りるのを見ることができる。大氷滝は高さ1080メートル、幅1100メートル、貴州の黄果樹滝と比べると10倍ぐらい大きいです。この巨大な氷滝は氷で個体になった壁のようである。氷滝が流れ落ちると、氷が崩れる。壮観この上ない自然景観を見ることができる。
 第三はこのような氷雪の世界に不思議なのは沸泉もあり、水温は90氏度に達しているということである。このことから世界の奇観と称えられている。海螺溝の気温は低下ですが、温泉に入る事ができます。ここの温泉は珍しい天然鉱物を含んで健康に良いそうである。
 雪山、氷川、森林、湖泊に海螺溝は動植物の資源が豊富で、つつじ、百合、シクラメン、木蘭、箭蘭、八角蓮、雪の蘭などがあります。特に康定木蘭は冬の最中に蕾が出て、3月に花がさき、この花が溝内に薫り、人の心を伸び伸びと愉快にさせてくれる。海螺溝のつつじもとても有名で、品種が68種もあり、毎年5月つつじが咲き乱れ、つつじの世界が広がる。海螺溝原始林の動物が様々な種類があり、猿や熊や雉や鷹や山椒魚や野猪などがいる。春になると、花が山野に咲き溢れ、皆さんの来訪を歓迎する。
http://www.sctabi.com

四姑娘山ハイキング 成都発四姑娘山ツアー

四姑娘山景観区は四川省アバチベット族羌(チャン)族自治州小金県日隆鎮に位置しています。成都の北西220kmに連なる四つの峰:大姑娘(ダーグーニャン)山5025m、二姑(アルグ)山5276m、三姑娘(サングーニャン)山5355m、そして主峰.四姑娘山6250mをいいます。四姑娘山の観光区域は海子溝、長坪溝、双橋溝からなり、総面積は1375平方㎞です。ここはパンダの棲息地として有名な臥龍自然保護区の西側に隣接し、1996年、中国国家級自然保護区に指定され、2006年にはパンダが生息する臥龍自然保護区と合わせて、世界遺産に指定されました。四姑娘山は東方のアルプスと謳われ、美しい山峰の他に、多種多様な植物の観察もできます。山麓一帯(3000m~4500m)は湖沼、湿地、草原、森林があり、6月~8月にかけて、ブルーポピーを初めとする高山植物が驚くほど数多く咲き乱れます。5月からシャクナゲ、桜草など、6月から 8月までは青いケシ、赤いケシ、黄色いケシ、白いケシを始め、エーデルワイス、草ジンチョウゲ、アツモ リソウ、キランソウ、キンポウゲなどの花が山一面に咲くので、植物愛好家達の楽園になります。

双橋溝
双橋溝の入り口は日隆鎮まで約7km。溝内にてエコバス(環境保護バス)(混載)観光をする。 観光距離は38kmで、雪山、放牧場、原始林、高山植物などが広がります。途中ハイライトの5箇所にて下車観光します。標高は3000~3800mぐらいあるので、高山病にならないように、ゆっくり行動する。

長坪溝
長坪溝の入口までは日隆鎮から車で約10分。溝内にてエコバス(環境保護バス)(混載)観光する。 観光距離は29kmで、柏の桟道、ラマ寺、瀑布、四姑娘山などが観光のハイライトである。

海子溝
溝内に斎戒坪、鍋庄坪、朝山坪と花海子、大海子などの十数個の高山湖がある。
http://www.sctabi.com

亜丁ハイキング 成都発稲城亜丁ツアー


日本人なら誰でも知っていることだと思いますが、日本の東京都に「稲城市」がある。この地球上に「稲城」という同じ名前の町が中国にもある。どこにあるか皆様ご存知でしょうか? なんと中国「四川省のに甘孜蔵族自治稲城県」にあるんである。同名の関係で「稲城県」と「稲城市」が姉妹都市
 稲城県は甘孜州の西南、雲南省等とも接している。面積は東京都の3倍強、典型的な大陸性高原気候に属している。県の中心地の海抜は富士山とほとんど同じの3740m、県内には高度4000mから6000mの山が全部で17もあるという険しい山と広大な草原の町である。人口は2.8万人いる。その内95%はチベット族である。町では農業が主として海抜1900mくらいの低地で行われていて、裸麦、とうもろこし、野菜、果物などが栽培されている。広大な草原でヤク、羊、馬、山羊などの家畜が放牧されている。人々は敬虔なチベット仏教の信者で、いたる所に住民の寄進により建てられた寺院があり、峠や部落の入り口には祈祷旗がはためき、寺院の周辺には経文を入れた筒が見られる。
 稲城県の観光資源も非常に豊富です。県の南に「亜丁自然保護区」、北に「海子山国家地質公園」の二大自然保護区があるほか、地熱資源と独特な民族文化資源がある。温泉は24カ所あり、その内有名なのはルプサカ温泉やリロンチャカ温泉である。亜丁自然保護区は、紀元8世紀蓮花生大師が亜丁の主峰ーコンガヤ山の開眼を行って菩薩の名前をつけた所である。「海子山国家地質公園」はチベット高原随一の古氷河遺跡で、その面積は3300平方キロメートル、しかもその中に大小1145ヶ所の高原湖があり探検家にとって魅力溢れた場所である。そのように雪山、氷河、湖、森林、草原、古寺、渓流などできた詩の世界ように目の前に広がる。1928年アメリカの地理学者ヨセフが書いた論文で大きな反響をよび、以来亜丁は「地上最後の浄土」「百年前のアルプス」「最後のシャングリラ」と呼ばれている。
 その他、稲城県の民族文化の歴史も悠久で、人文景観が数多く存在している。ショデン寺とコンカリョウ寺が有名である。
http://www.sctabi.com