成都現地発ツアー|成都現地旅行会社|成都現地発九寨溝ツアー|成都九寨溝黄龍ツアー|九寨溝ツアー|成都観光ツアー|成都現地旅行代理店|成都パンダボランティア|成都パンダ抱っこツアー

成都観光|九寨溝ツアー|成都発九寨溝ツアー|成都現地旅行会社|成都パンダボランデイア|成都現地発・ツアー

成都現地発ツアー、成都ツアー、成都現地ツアー、成都観光ツアー、成都観光ガイド、成都現地旅行会社、九寨溝ツアー、九寨溝現地ツアー、九寨溝ツアー成都発、成都発九寨溝黄龍ツアー、成都現地日本語ガイド、成都パンダボランティア、成都パンダ抱っこツアー、成都パンダ現地ツアー http://www.sctabi.com

今年の国慶節、九寨溝、再開する!

2017年8月8日の九寨溝地震では、九寨溝公園の観光地の被害で、観光施設が破壊されました。昨年3月から6月の間、九寨溝公園が再開されましたが、洪水や土砂崩れにより、再び閉鎖されました。去年行った時、見たのは、諾日朗滝の水もう水の流れがないでした。
昨日、九寨溝管理局の総経理の話により、「九寨溝は現在閉鎖工事中であり、今年の国慶節に一般に公開される予定」と言われました。今、公園の主に道路工事で、観光施設の完備中です。主に水を見に行く前に、後は、山々を見てから文化活動を見学するのも。これからの九寨溝はもっと美しいです。http://www.sctabi.com

成都観光 成都旅行 成都現地ツアー  成都現地旅行会社

成都旅行
成都四川省中部、四川盆地の西部にある岷江の中流に位置し、平原と丘陵や山地がそれぞれ面積の半分を占めています。成都四川省の政治、文化、経済の中心地です。成都平原は土地が肥えている上に都江堰の大型の水利施設に恵まれ、古くから物産が豊かなため「天府の国」と呼ばれてきました。
昔から「天府の国」と称されてきた成都は、物産が豊富で気候に恵まれています。名所旧跡はいたる所にあり、伝統工芸品は広く国内外に知れわたっています。民俗風情や田園風光、パンダなどの観光資源は多くの観光客を引きつけています。
成都は亜熱帯気候に属し、湿度が高く日照も少なく、一年を通して曇りの日が多いところです。7~8月には雨が集中し、冬と春には乾燥して雨が少ないです。また雪もあまり降りません。
成都観光スポット
成都に来ると「絶対離れたくない。」とよく言われます。ここは完備している施設、三国の旧跡や世界自然遺産などが数多くあるほか、とても美味しい四川料理もあります。個人ツアーの方はパンダカードを作った方がよいでしょう。そのカードを持っていれば、成都市内や周辺の観光スポットをもっと楽しむことができます。武侯祠、杜甫草堂、劉氏荘園、永陵博物館は歴史上の人物をテーマとしていて、それぞれの物語があり、観光客は異なった歴史に浸ることができます。成都の北の郊外にあるパンダの繁殖基地は景色が美しく、パンダ、レッサーパンダ、オグロヅル、 コクチョウ等の絶滅にひんしている動物がここでのんびりと生活しています。
http://www.sctabi.com

臥龍パンダ基地・神樹坪基地「中華大熊猫苑」

臥龍パンダ基地・神樹坪基地「中華大熊猫苑」


国保護大熊猫中心ー臥龍パンダ基地・神樹坪基地「中華大熊猫苑」は、2008年の四川大地震で、甚大な被害を受けた「臥龍パンダ基地」は、元の場所から約20km離れた耿達鎮に、香港政府による援助などで震災から四川文川大地震で壊滅的損傷を受け閉鎖されていた臥龍パンダ基地が、臥龍鎮と約20キロを離れた耿達鎮に位置、成都市から臥龍パンダ耿達基地へは、125キロで、所要時間、通常2時間ほどです。耿達郷神樹坪区に新設された新臥龍大熊猫繁育研究中心は、中国保護大熊猫研究中心神樹坪基地/中華大熊猫苑です。四川省臥龍の中華パンダ苑神樹坪基地で、国宝のパンダは飼育員の心のこもった世話を受けながら日光浴を満喫しています。同基地は中国パンダ研究保護センターが2008年の四川大地震後に再建したパンダ基地で、四川省臥龍国家級自然保護区管理局耿達郷神樹坪の黄草坪区域である。敷地面積は約150ヘクタール。神樹坪基地では現在、今年生まれた19頭を含む計50頭余りのパンダが生活しています。
2017年に生まれた1歳未満の赤ちゃんパンダもいます。パンダ幼稚園もあり、いつも10頭パンダちゃんの遊び、まだ、生まれの赤ちゃんパンダの展覧室もあります。パンダにとってはとてもいい、静かな涼しい場所なのです。周りに見える山々には野生のパンダが棲息しています。日本神戸王子動物園サンチアゴ動物園及びワシントン動物園との間で、パンダ飼育繁殖に関する共同科学研究を行っています。そして、センターのスタッフを日本やアメリカへ派遣し、研修させると同時に、海外から数十人の専門家を迎え、パンダの保護や研究におけるレベルアップをはかりながら、積極的に交流を重ね、国内外から来たパンダ飼育研修者に対して、飼育管理、パンダの行動観察、パンダ疾患の予防と治療などについて指導を行い、パンダの保護に携わる人たちに的確な知識を伝えることに努めてきました。
1990年から「中国臥龍パンダ保護研究センター」では、人口繁殖の方法により、パンダが34回、53頭を出産して、内41頭が無事生存しました。今まで海外、国内で初めて三つ子パンダの出産が奇跡的に成功したことがあります。 編集した『パンダの飼養と繁殖』を間もなく出版することになり、飼育パンダの繁殖事業にとってとても有意義なことです。 われわれがパンダを飼養する最終の目的は、パンダを野生に戻し、絶滅に瀕しているパンダの数を増やして、パンダが永遠に我々人間と一緒に生き残っていくことを望んでいるところです。
いまは、パンダ舎の拡大工事を完成しました。 2016年年に「中華パンダ園第一期工事」も完成させ、パンダの半野生、半飼養の環境を作りあげました。2017年の秋、更に「中華パンダ園第二期工事」というプロジェクトを立案し、8000万~1億万人民元の投資を誘致して、野外に4~5平方キロメートルのパンダ生存区域を作る予定です。そこでは、パンダを野外に戻す為の試験や研究を行いたいです。2010年までに、せめて5頭のパンダが野外に戻せる事を望んでいます。これは大変難しい課題ですから、目的を達成する為に、人間のパンダ保護、次の世代と一緒に努力をしなければなりません。
http://wwwcom.sctabi.

中国パンダ保護区

成都パンダボランデイア 成都パンダ飼育ボランデイア 成都パンダ抱っこツアー


世界に知られているジャイアントパンダは、丸い顔、クマがついている大きい目、ぽっちゃりした体とシンボルとなる内股の歩き方を持っていますが、メスのような鋭い爪も持っているのです。このような「生きている化石」と「中国国宝」と呼ばれるジャイアントパンダは既に地球で800万年も生きているから、世界自然基金会のイメージ大使でありながら、世界生物多様性保護の代表種とされています。第三回の全国野生パンダ調査の結果によると、世界の野生パンダの数量は1600頭にもならないことが分かりました。2011年10月までに、中国の人工飼育パンダは333頭があるそうです。
パンダは内向的な性格で静かな環境が好きなので、「竹林の隠遁者」というあだ名があります。ここにくると、ガイドさんは必ずマイクを使わず、観光客にも声を抑えて頂きます。パンダの視力はもともと弱いので、写真を撮る時、必ずフラッシュを使わないようご注意ください。フラッシュの使用はパンダを失明させる恐れがあります。パンダがかわいいからといって、勝手にエサを投げることは絶対しないようにしてください。パンダの数は非常に少ないので、新鮮な竹を食べさせることは大事です。白黒模様のパンダたちはころころと太った体をし、不器用のようですが実はすばやく行動できます。たまに観光客に顔を向け、人々を笑わせます。毎年、秋になると運が良ければ、子パンダも見ることができ、これは一生の中で白黒以外の色をしている唯一の時期です。生まれたばかりの子パンダは大きさがわずか10センチ。はじめの七日間は可愛いピンクの色をし、その後は白黒の毛が徐々に生えだします。ですからこの時期の飼育室では特別な光景を見ることができます。
中国臥龍パンダ保護研究センターが設立して数年以来、若くて実力の有る科学研究チームが育ってきました。 この中には、動植物生態学、生物学、地理情報システム、衛星位置測定システムによる生態環境分析と評価、予防及び臨床獣医学、飼養学、栄養学、繁殖学、生物化学、遺伝工学、細胞生物学などの専門的人材が含まれます。パンダの専門家は十数年の研究経験を持って、やがてパンダ繁殖における「種の交配」、「妊娠」、「赤ちゃんパンダの生存」という三大難問を解決しました。人工的な繁殖によってパンダの個体数を増やして、野外で暮らす訓練と一定の適応期間の経過後、大自然に復帰させることを目的として、成都ジャイアントパンダ繁殖センターが設置されています。これらの活動によって、パンダの種の保存を維持し、さらに高め、この生物の生存に尽力して最終的に人間と共存することができます。
http://www.sctabi.com

中国パンダ基地及びパンダ自然保護区

成都パンダ抱っこツアー 成都パンダボランデイアツアー


絶滅危惧種ジャイアントパンダは、四川省の西と甘粛省の東南及び陝西省南の高山地帯に生息しています。国際自然保護連合レッドリストで「絶滅危惧種」に指定されているジャイアントパンダは、自然の中ではわずかに500頭ほどが生息するばかりだといいます。この数字に世界各地の動物園で飼育されている数と中国国内の施設で飼育されている数を加えても、1000頭に満たないとされます。パンダは生きている化石とも呼ばれています。中国国家第1類の重点保護動物です。30年以上に渡って国をあげて行われてきた保護活動は、多少の明るい兆しこそ見せているものの、絶滅が危惧されている現状にかわりはなりません。現在、中国政府は法令を公布して、多くのパンダの自然保護区を設立しました。パンダ保護の知識を普及して、今、パンダはよく保護されました。 パンダは中国特有の野生動物で、チベット高原東部から四川盆地西側に大部分が生息しています。現在、全国のパンダ総数は人工繁殖も含め一千頭あまりまで増加し、中国全土で23のパンダ自然保護区が制定されています。昔から野生のパンダは、気候や食物の便利さから、四川省に多く、四川省は”パンダの故郷”と呼ばれています。
わずかに現存するパンダの生息地は中国西部の山の多い地域の西の端である四川省陝西省甘粛省です。ジャイアントパンダは主に四川省(パンダの故郷とも言われています)に生息しています。ジャイアントパンダは標高1200~1300m級の高い山の大きな竹林に生息しています。2万平方キロメートルの面積のところに約1600頭のパンダがいます。かつてジャイアントパンダの生息地は中国全土や近隣のミャンマーベトナムといった国々まで広がっていました。しかし中国での伐採や農地化によって劇的に減少してしまいました。現在では中国の西の地域である四川省甘粛省陝西省のわずか20ばかりの箇所でしか生息していません。
主要な生息地
野生のジャイアントパンダは主に四川省甘粛省の岷山と陝西省の秦?山に生息しています。
岷山
岷山には中国全土のパンダのおよそ44%が生息しており国内最大数です。27の保護区があります。
秦嶺山
秦嶺山は中国で最も重要な分水嶺で、国土の南と北の間は自然の堡氷で定められています。ここにはジャイアントパンダの一種である270頭の秦?パンダが生息しています。
種の保全のために佛坪長青自然保護区があります。
http://www.sctabi.com

臥龍パンダ基地ボランデイア、臥龍パンダ神樹坪基地

f:id:chengdupanda:20190527090740j:plain

臥龍パンダ基地ボランデイア、臥龍パンダ神樹坪基地


世界に知られているジャイアントパンダは、丸い顔、クマがついている大きい目、ぽっちゃりした体とシンボルとなる内股の歩き方を持っていますが、メスのような鋭い爪も持っているのです。このような「生きている化石」と「中国国宝」と呼ばれるジャイアントパンダは既に地球で800万年も生きているから、世界自然基金会のイメージ大使でありながら、世界生物多様性保護の代表種とされています。第三回の全国野生パンダ調査の結果によると、世界の野生パンダの数量は1600頭にもならないことが分かりました。2011年10月までに、中国の人工飼育パンダは333頭があるそうです。
パンダは内向的な性格で静かな環境が好きなので、「竹林の隠遁者」というあだ名があります。ここにくると、ガイドさんは必ずマイクを使わず、観光客にも声を抑えて頂きます。パンダの視力はもともと弱いので、写真を撮る時、必ずフラッシュを使わないようご注意ください。フラッシュの使用はパンダを失明させる恐れがあります。パンダがかわいいからといって、勝手にエサを投げることは絶対しないようにしてください。パンダの数は非常に少ないので、新鮮な竹を食べさせることは大事です。白黒模様のパンダたちはころころと太った体をし、不器用のようですが実はすばやく行動できます。たまに観光客に顔を向け、人々を笑わせます。毎年、秋になると運が良ければ、子パンダも見ることができ、これは一生の中で白黒以外の色をしている唯一の時期です。生まれたばかりの子パンダは大きさがわずか10センチ。はじめの七日間は可愛いピンクの色をし、その後は白黒の毛が徐々に生えだします。ですからこの時期の飼育室では特別な光景を見ることができます。
中国臥龍パンダ保護研究センターが設立して数年以来、若くて実力の有る科学研究チームが育ってきました。 この中には、動植物生態学、生物学、地理情報システム、衛星位置測定システムによる生態環境分析と評価、予防及び臨床獣医学、飼養学、栄養学、繁殖学、生物化学、遺伝工学、細胞生物学などの専門的人材が含まれます。パンダの専門家は十数年の研究経験を持って、やがてパンダ繁殖における「種の交配」、「妊娠」、「赤ちゃんパンダの生存」という三大難問を解決しました。人工的な繁殖によってパンダの個体数を増やして、野外で暮らす訓練と一定の適応期間の経過後、大自然に復帰させることを目的として、成都ジャイアントパンダ繁殖センターが設置されています。これらの活動によって、パンダの種の保存を維持し、さらに高め、この生物の生存に尽力して最終的に人間と共存することができます。
http://www.sctabi.com

パンダ抱っこ成都、中国パンダ幼稚園ツアー

パンダ抱っこ成都、中国パンダ幼稚園ツアー


中国・四川省には、パンダの繁殖や保護、調査研究などを行うための施設「雅安パンダ保護研究センター」があります。その敷地内は、四川省の山奥に似せて整備されており、パンダたちは野生に近い環境で生き生きと過ごしています。そんなパンダたちを一目見ようと、中国国内のみならず、世界各国から観光客が集まってくるため、今ではパンダ好きの一大聖地となっています。ジャイアントパンダについて ジャイアントパンダの故郷、四川省と中国国民は、絶滅危機にさらされている国宝パンダを守る為、多大な努力と愛情をパンダに注いできました。また世界各国からの経済援助もあって、この数年はパンダの数は増えてきました。
絶滅に瀕したパンダの人工飼育、繁殖、病気予防、自然回帰、調査研究、生涯学習などを行うために設立されたのが「パンダ保護研究センター」で、四川省臥龍、都江堰、そして雅安の3カ所にあります。絶滅危惧種ジャイアントパンダと遊んで学べる~四川省ジャイアントパンダ保護区ー中国・四川省開発によって森林面積が縮小したことから生活圏を失い、毛皮目的の乱獲でさらにその数を減らしたジャイアントパンダ。なぜか中国にだけ、そして中国全土に生息していたジャイアントパンダは、古代300万年前からほとんど変わらない姿のままひっそりと絶滅へと向かっています。
ジャイアントパンダの今
国際自然保護連合レッドリストで「絶滅危惧種」に指定されているジャイアントパンダは、自然の中ではわずかに500頭ほどが生息するばかりだといいます。この数字に世界各地の動物園で飼育されている数と中国国内の施設で飼育されている数を加えても、1000頭に満たないとされます。
ジャイアントパンダの人工繁殖と野生化
四川省を中心に複数個所に建設されたジャイアントパンダの保護施設では、長年にわたって人工繁殖が試みられ、毎年10~20頭ほどの子パンダが誕生しています。各施設では、手の平サイズで自力で歩くこともできないベビーパンダの展示や少し成長した子パンダとの記念撮影などが人気となっていますが、これらに集まる観光客からの収益は全てパンダたちの飼育や研究費用となっています。また、こうして人工繁殖によって誕生したパンダたちの中でも健康かつ訓練成績が優秀なパンダが選ばれて野生化訓練を受け、その内数頭が1年以上野生パンダとして生存していると確認されています。しかし、30年以上に渡って国をあげて行われてきた保護活動は、多少の明るい兆しこそ見せているものの、絶滅が危惧されている現状になります。
パンダの生息地として世界的にも有名な中国ですが、四川省は、とりわけ中国の中で最も多くのパンダが生息する地でもあるんです。世界のパンダの約80%が四川省に生息しています。
http://www.sctabi.com

パンダボランデイア・ 中国ジャイアントパンダ飼育ボランティア

成都パンダボランデイア 成都パンダ飼育ボランデイア 成都パンダ抱っこツアー


中国といえば、パンダを連想する方もいらっしゃるのではないでしょうか。中国といえばパンダ、パンダといえば中国。そんなに珍しい動物ーパンダは中国の四川省をはじめ、陝西省甘粛省にしか生息していない絶滅危惧種として保護されています。パンダは中国の国宝で、四川省山奥の竹林にしか生息していません。パンダの姿を見ると本当に癒されます。毎年、秋になると運が良ければ、子パンダも見ることができ、これは一生の中で白黒以外の色をしている唯一の時期です。この時期の飼育室では特別な光景を見ることができます。パンダは今、世界におよそ1596頭しかいない希少動物です。

パンダは中国特有の野生動物で、チベット高原東部から四川盆地西側に大部分が生息しています。現在、全国のパンダ総数は人工繁殖も含め一千頭あまりまで増加し、中国全土で23のパンダ自然保護区が制定されています。昔から野生のパンダは、気候や食物の便利さから、四川省に多く、四川省は”パンダの故郷”と呼ばれています。しかし、野生のパンダが800頭ほどにまで減少し、絶滅の危機から救う為、世界最大のパンダ保護機構「中国(臥龍)パンダ研究センター」、同じく世界最大のパンダ繁殖機構「成都大熊猫繁育研究基地」「雅安碧峰峡パンダ繁殖研究中心」が四川省に開設されました。四川省宝興県でパンダが最初に発見されてから、パンダへの認識が広まり、 世界中で今も尚人々の関心を集めています。

「熊猫」は中国語で「パンダ」の意)、パンダって、とっても可愛いですよね。世界で一番パンダが好きな国は日本だとよく言われています。JALで中国のパンダを迎えにきた時、わざわざ機体にパンダの絵を塗装したほか、日本に着いた時、多くの民衆が空港で迎えてくれました。そのほか、日本のNHKテレビも当基地に取材に来て、素晴らしいドキュメンタリーを作成しました。パンダは使者としての歴史は長く、唐の時代に遡ることができ、当時の武則天氏は日本にパンダを送ったことがあります。今中国はパンダを外国に贈らないことになっています。昔送ったパンダを除き、今はレンタル式で外国に貸し出すことは可能で、十年を限度とし、期間が過ぎると、中国に返してもらうこととなっています。

九寨溝ツアー|九寨溝現地ツアー|成都観光|成都ツアー|成都現地ツアー|成都パンダツアー|成都パンダ ボランティアツアー|パンダ飼育ボランティア体験成都ツアー|九寨溝旅行・ツアー