成都現地発ツアー|成都現地旅行会社|成都現地発九寨溝ツアー|成都九寨溝黄龍ツアー|九寨溝ツアー|成都観光ツアー|成都現地旅行代理店|成都パンダボランティア|成都パンダ抱っこツアー

成都観光|九寨溝ツアー|成都発九寨溝ツアー|成都現地旅行会社|成都パンダボランデイア|成都現地発・ツアー

成都現地発ツアー、成都ツアー、成都現地ツアー、成都観光ツアー、成都観光ガイド、成都現地旅行会社、九寨溝ツアー、九寨溝現地ツアー、九寨溝ツアー成都発、成都発九寨溝黄龍ツアー、成都現地日本語ガイド、成都パンダボランティア、成都パンダ抱っこツアー、成都パンダ現地ツアー http://www.sctabi.com

臥龍パンダ基地・神樹坪基地「中華大熊猫苑」

臥龍パンダ基地・神樹坪基地「中華大熊猫苑」


国保護大熊猫中心ー臥龍パンダ基地・神樹坪基地「中華大熊猫苑」は、2008年の四川大地震で、甚大な被害を受けた「臥龍パンダ基地」は、元の場所から約20km離れた耿達鎮に、香港政府による援助などで震災から四川文川大地震で壊滅的損傷を受け閉鎖されていた臥龍パンダ基地が、臥龍鎮と約20キロを離れた耿達鎮に位置、成都市から臥龍パンダ耿達基地へは、125キロで、所要時間、通常2時間ほどです。耿達郷神樹坪区に新設された新臥龍大熊猫繁育研究中心は、中国保護大熊猫研究中心神樹坪基地/中華大熊猫苑です。四川省臥龍の中華パンダ苑神樹坪基地で、国宝のパンダは飼育員の心のこもった世話を受けながら日光浴を満喫しています。同基地は中国パンダ研究保護センターが2008年の四川大地震後に再建したパンダ基地で、四川省臥龍国家級自然保護区管理局耿達郷神樹坪の黄草坪区域である。敷地面積は約150ヘクタール。神樹坪基地では現在、今年生まれた19頭を含む計50頭余りのパンダが生活しています。
2017年に生まれた1歳未満の赤ちゃんパンダもいます。パンダ幼稚園もあり、いつも10頭パンダちゃんの遊び、まだ、生まれの赤ちゃんパンダの展覧室もあります。パンダにとってはとてもいい、静かな涼しい場所なのです。周りに見える山々には野生のパンダが棲息しています。日本神戸王子動物園サンチアゴ動物園及びワシントン動物園との間で、パンダ飼育繁殖に関する共同科学研究を行っています。そして、センターのスタッフを日本やアメリカへ派遣し、研修させると同時に、海外から数十人の専門家を迎え、パンダの保護や研究におけるレベルアップをはかりながら、積極的に交流を重ね、国内外から来たパンダ飼育研修者に対して、飼育管理、パンダの行動観察、パンダ疾患の予防と治療などについて指導を行い、パンダの保護に携わる人たちに的確な知識を伝えることに努めてきました。
1990年から「中国臥龍パンダ保護研究センター」では、人口繁殖の方法により、パンダが34回、53頭を出産して、内41頭が無事生存しました。今まで海外、国内で初めて三つ子パンダの出産が奇跡的に成功したことがあります。 編集した『パンダの飼養と繁殖』を間もなく出版することになり、飼育パンダの繁殖事業にとってとても有意義なことです。 われわれがパンダを飼養する最終の目的は、パンダを野生に戻し、絶滅に瀕しているパンダの数を増やして、パンダが永遠に我々人間と一緒に生き残っていくことを望んでいるところです。
いまは、パンダ舎の拡大工事を完成しました。 2016年年に「中華パンダ園第一期工事」も完成させ、パンダの半野生、半飼養の環境を作りあげました。2017年の秋、更に「中華パンダ園第二期工事」というプロジェクトを立案し、8000万~1億万人民元の投資を誘致して、野外に4~5平方キロメートルのパンダ生存区域を作る予定です。そこでは、パンダを野外に戻す為の試験や研究を行いたいです。2010年までに、せめて5頭のパンダが野外に戻せる事を望んでいます。これは大変難しい課題ですから、目的を達成する為に、人間のパンダ保護、次の世代と一緒に努力をしなければなりません。
http://wwwcom.sctabi.