成都現地発ツアー|成都現地旅行会社|成都現地発九寨溝ツアー|成都九寨溝黄龍ツアー|九寨溝ツアー|成都観光ツアー|成都現地旅行代理店|成都パンダボランティア|成都パンダ抱っこツアー

成都観光|九寨溝ツアー|成都発九寨溝ツアー|成都現地旅行会社|成都パンダボランデイア|成都現地発・ツアー

成都現地発ツアー、成都ツアー、成都現地ツアー、成都観光ツアー、成都観光ガイド、成都現地旅行会社、九寨溝ツアー、九寨溝現地ツアー、九寨溝ツアー成都発、成都発九寨溝黄龍ツアー、成都現地日本語ガイド、成都パンダボランティア、成都パンダ抱っこツアー、成都パンダ現地ツアー http://www.sctabi.com

中国パンダ基地及びパンダ自然保護区

成都パンダ抱っこツアー 成都パンダボランデイアツアー


絶滅危惧種ジャイアントパンダは、四川省の西と甘粛省の東南及び陝西省南の高山地帯に生息しています。国際自然保護連合レッドリストで「絶滅危惧種」に指定されているジャイアントパンダは、自然の中ではわずかに500頭ほどが生息するばかりだといいます。この数字に世界各地の動物園で飼育されている数と中国国内の施設で飼育されている数を加えても、1000頭に満たないとされます。パンダは生きている化石とも呼ばれています。中国国家第1類の重点保護動物です。30年以上に渡って国をあげて行われてきた保護活動は、多少の明るい兆しこそ見せているものの、絶滅が危惧されている現状にかわりはなりません。現在、中国政府は法令を公布して、多くのパンダの自然保護区を設立しました。パンダ保護の知識を普及して、今、パンダはよく保護されました。 パンダは中国特有の野生動物で、チベット高原東部から四川盆地西側に大部分が生息しています。現在、全国のパンダ総数は人工繁殖も含め一千頭あまりまで増加し、中国全土で23のパンダ自然保護区が制定されています。昔から野生のパンダは、気候や食物の便利さから、四川省に多く、四川省は”パンダの故郷”と呼ばれています。
わずかに現存するパンダの生息地は中国西部の山の多い地域の西の端である四川省陝西省甘粛省です。ジャイアントパンダは主に四川省(パンダの故郷とも言われています)に生息しています。ジャイアントパンダは標高1200~1300m級の高い山の大きな竹林に生息しています。2万平方キロメートルの面積のところに約1600頭のパンダがいます。かつてジャイアントパンダの生息地は中国全土や近隣のミャンマーベトナムといった国々まで広がっていました。しかし中国での伐採や農地化によって劇的に減少してしまいました。現在では中国の西の地域である四川省甘粛省陝西省のわずか20ばかりの箇所でしか生息していません。
主要な生息地
野生のジャイアントパンダは主に四川省甘粛省の岷山と陝西省の秦?山に生息しています。
岷山
岷山には中国全土のパンダのおよそ44%が生息しており国内最大数です。27の保護区があります。
秦嶺山
秦嶺山は中国で最も重要な分水嶺で、国土の南と北の間は自然の堡氷で定められています。ここにはジャイアントパンダの一種である270頭の秦?パンダが生息しています。
種の保全のために佛坪長青自然保護区があります。
http://www.sctabi.com