成都現地発ツアー|成都現地旅行会社|成都現地発九寨溝ツアー|成都九寨溝黄龍ツアー|九寨溝ツアー|成都観光ツアー|成都現地旅行代理店|成都パンダボランティア|成都パンダ抱っこツアー

成都観光|九寨溝ツアー|成都発九寨溝ツアー|成都現地旅行会社|成都パンダボランデイア|成都現地発・ツアー

成都現地発ツアー、成都ツアー、成都現地ツアー、成都観光ツアー、成都観光ガイド、成都現地旅行会社、九寨溝ツアー、九寨溝現地ツアー、九寨溝ツアー成都発、成都発九寨溝黄龍ツアー、成都現地日本語ガイド、成都パンダボランティア、成都パンダ抱っこツアー、成都パンダ現地ツアー http://www.sctabi.com

重慶観光 成都観光 成都旅行 成都現地ツアー 成都現地旅行会社

中国一の人口を誇る重慶は、中国西南地区最大の商工業都市です。その反面、長江を遊覧する三峡下りのツアーや世界遺産大足石刻など、人気の観光スポットが多数あるのも重慶の魅力といえるでしょう。また、重慶といえば、火鍋の発祥地として有名です。火鍋以外にも、重慶小面や麻辣湯など辛いもの好きにはたまらない食べ物が盛沢山。もちろん、中国四川といえばパンダですよね。重慶動物園もお忘れなく。
起伏の激しい土地が広がる大都市・重慶。中国の直轄市である重慶は、中国西南地区最大の商工業都市で、街の中心部は高層ビルが立ち並び、大都会ならではの美しい夜景が楽しめる観光スポットがたくさんあります。一方で、昔ながらの伝統家屋が軒を連ねる下町情緒溢れる街並も残っており、観光客にとって見どころ満載の都市です。そんな重慶の魅力をより選ってこれからご紹介します!
1.大足石刻
大足石刻は、649年に切り開かれてから19世紀まで、石刻の数が次々に増やされて、現在は5万体という壮大な数を誇る仏教石窟です。岩の壁面に細かく彫刻された大乗仏教の石仏は、28ヶ所に点在しており、その大部分が宝頂山、北山、南山、石篆山、石門山の5ヶ所に集まっています。
中でも保存状態が最も良いといわれているのが、密教の道場として作られた宝頂山にある石像です。大足地出身の僧侶である趙智鳳によって、73年の歳月をかけて作られました。宝頂山の目玉は、全長31mの釈迦涅槃像で、目の前にそびえ立つ巨大な石刻には圧倒されます。
宝頂山の石刻と並んで有名なのが、北山の石刻です。象に乗った普賢菩薩像や孔雀明王像、数珠手観音(媚態観音)は、芸術性の優れた石刻として高く評価されており、1999年にユネスコ文化遺産に登録されました。ぜひ、この荘厳な石刻群をぜひ間近で体感してくださいね!
2.武隆カルスト
カルスト地形の宝庫といわれる武隆カルストは、長江の支流である烏江の下流に位置し、主に天坑三橋、地縫、芙蓉洞と呼ばれる3つのスポットが観光名所となっています。
武隆カルストには、豊かな原始森林があり、豹、レッサーパンダ、猿、猪などの貴重な野生動物が多く生息している地域で、保護動物を含むおよそ180種の動物が生息しており、2007年には、中国南方カルスト群の一つとして世界自然遺産に登録されました。
羊水峡に横たわる大自然が作り出した大傑作という意味をもつ天坑三橋は、天龍天坑と神鷹天坑の二つの天杭からなっており、山頂から地下280m深くまでくぼんだ壮大な奇観を見ることができるほか、岩山が橋を形成した世界最大規模の三橋の景観には圧倒されます。
地縫は、地下深くまで形成された狭い峡谷で、上層から峡谷の底までの落差は350mもあります。鍾乳石洞窟の芙蓉洞は、アメリカのマンモス・ケープ、フランスのラスコー洞窟と並んで、世界三大洞窟の一つといわれています。また、ここでは5億年前の白雲岩や30種類以上の沈殿物をもつことから、洞窟の科学博物館と呼ばれています。
3.人民大礼堂
1954年に北京の天壇をモデルに建築された人民大礼堂は、重慶を代表する建物の1つです。礼堂、南楼、北楼の3つの建物からなり、高さ65mの中央大礼堂は、5階建ての挑楼に囲まれた中欧折衷建築の美しいホールで、大型舞台があります。
大礼堂を挟むようにして、瑠璃瓦の二重屋根が特徴的な南楼と北楼が続きます。また人民大礼堂前には一際目を引く大門があり、さらにその先には緑豊かな芝生が広がる広大な人民広場があり、地元の人たちの憩いの広場となっています。
4.重慶三峡博物館
人民大礼堂の向かい側に位置し、広大な敷地をもつ重慶三峡博物館は、中国三峡博物館と重慶市博物館が合併し、2000年にオープンした中国国内最大規模を誇る博物館です。
ガラスドームの外観をもつ特徴的な造りの建物で、外壁の両側には、「パレスチナ人のトーテム白虎」や「三峡の魚」、「パレスチナ人の信仰する魂を迎える木」などのレリーフが施されています。
広大な館内は4つのテーマに分けられています。中でも見どころは、三峡ダム建設プロジェクトにより保護された文化財や建設中に発掘した出土品などの展示です。三峡の歴史や文化、豊かな自然にふれることができます。
また、2001年に発掘された重さ約30トンの石造りの「漢書」も必見!中国古代築造物の「生きた化石」といわれています。重慶三峡博物館は重慶の人気の観光スポットとなっていますので、向かい側の人民大礼堂と合わせて見学をすることをオススメします。
5.北山公園
北山公園は、大足市街の北部にある地元の人たちの憩いの公園です。公園内には、唐時代の892年から約250年の歳月をかけて刻まれた北山摩崖造像と呼ばれる石刻のほか、「佛湾長廊」と呼ばれる500mも続く長廊には、日月観音、西方極楽世界、水月観音など1万体以上の見事な仏像石刻などがあります。
見どころは、136窟の転輪経蔵窟や245窟の観無量寿佛変相。大足石刻に比べ少し控えめな印象の石刻ですが、繊細で色鮮やかな彩色の石刻は訪れた人たちを魅了します。北山摩崖造像は、観光客で混雑することがないので、ゆっくりと石刻を見ることができる重慶のおすすめ観光スポットです!
6.磁器口古鎮
重慶とよばれる磁器口古鎮は、嘉陵江沿岸の水運の中心地として古くから栄えた港街です。もともとこの辺りは「龍隠鎮」と呼ばれる地域でしたが、明・清時代に磁器の生産が盛んだったことから、磁器口古鎮と呼ばれるようになりました。磁器口古鎮では、石畳が続く昔ながらの通りや伝統家屋が建ち並ぶ下町風情溢れる古い街並を楽しむことができます。磁器口正街と呼ばれるメインストリート沿いには、カフェやレストラン、茶館、お土産ショップなどが立ち並び、観光客で賑わいます。また地元の人たちの生活を垣間見ることができる路地裏散策もおすすめですよ!
磁器口古鎮の高台には、唐代の初めに建てられた「宝輪寺」があります。「龍隠寺」とも呼ばれるこの寺は、後に明の二代皇帝になる建文帝が一時的に隠れていた場所として知られています。ここからは、磁器口古鎮の街並や嘉陵江の入り江が見渡せる絶好のビューポイントになっていますので、ぜひこの景観をお楽しみください。
磁器口古鎮へは、モノレールで行くのがおすすめです!重慶の中心部からは少し外れますが、重慶の人気観光スポットになっていますので、足を運んでみてくださいね!
http://www.sctabi.com