成都現地発ツアー|成都現地旅行会社|成都現地発九寨溝ツアー|成都九寨溝黄龍ツアー|九寨溝ツアー|成都観光ツアー|成都現地旅行代理店|成都パンダボランティア|成都パンダ抱っこツアー

成都観光|九寨溝ツアー|成都発九寨溝ツアー|成都現地旅行会社|成都パンダボランデイア|成都現地発・ツアー

成都現地発ツアー、成都ツアー、成都現地ツアー、成都観光ツアー、成都観光ガイド、成都現地旅行会社、九寨溝ツアー、九寨溝現地ツアー、九寨溝ツアー成都発、成都発九寨溝黄龍ツアー、成都現地日本語ガイド、成都パンダボランティア、成都パンダ抱っこツアー、成都パンダ現地ツアー http://www.sctabi.com

成都発九寨溝ツアー  成都九寨溝バスツアー 九寨溝個人旅行 九寨溝行き方

五花海は孔雀川の最も上流に位置し、日則溝エリアの中心的な観光地です。標高が2472メートルのところにある水深の平均が5メートル、総面積が7.68万平方メートルの湖です。最高にすばらしい景観だと称えられる五花海は、とても神秘的で「九寨溝の魂」とも言われ、九寨溝を代表する景観ともいえます。湖底には石灰化した堆積物と多種な藻類や水草、枯れた木などがあり、日の光の反射や屈折によって赤やオレンジ、黄、緑、青、藍、紫などさまざまな色が混じっているように見えます。色とりどりで華やかで美しいです。湖面はまるで無数の宝石が嵌め込まれた巨大的な飾り物のようです。岸辺の林や湖底の倒木と湖の色が互いに引き立てあっていて、その美しさといったら比較できるものがないほどです。そのためこの湖は「五花海」と名付けられました。
 九寨溝にある100個ほどの湖の中でも五花海は変化に富んでいるので「九寨精華」と高く評価されています。秋になると、五花海周辺の景色と入り混じり、緑の松、赤い櫨、褐色の杏、黄色いしなの木などの多彩な木の葉ともあわさり、その景色はまるで織物のようです。青い空、白い雲、緑の草、色鮮やかな森など人間の手では描くことのできない色が湖に投影され、湖の景色に優美な姿を加えます。そよ風が湖面に波を打たせ湖底に堆積する木の枝と幹や、石ころが転がっているようです。色鮮やかで目が眩むばかりです。五花海は生命力を持って飛び跳ねているようです。山の中腹の虎嘴観景台から見ると、五花海はまるで羽根がいっぱい生えた孔雀のようです。波打つ部分は孔雀の羽根のように色鮮やかなので五花海はまたの名を「孔雀海」とも言われています。
 華やかな五花海は多くの謎に包まれています。冬になると、標高が高く気温が低い所にある九寨溝では、他の湖がすべて凍るにもかかわらず、五花海だけはかつて一度も凍ったことはありません。この神秘的な湖は現地の人々に畏敬されています。現地の人によれば五花海は神鹿の化身で、チベットの人にとっては「神の池」とされています。五花海の水の流れるところは、どこでも植物が生い茂るようになると言われています。2008年、アメリカの有名なネットランキングで評定された「世界の十大の湖」のうち五花海は「最も人を引き付ける魅力ある湖」に挙がった中国唯一の湖です。
真珠浜は、九寨溝にある湖の中でも比較的に広い石の浜です。花石海の下流0.5キロメートルの、日則溝内の鏡海の上方に位置しており、海抜は2433メートルあります。澄みきった湖水は、絶えず勢いよく流れ、それが扇形をした乳黄色のトラバーチン(石灰質が堆積した沈殿岩。堆積によって美しい模様を生み出すことがある)の隆起にぶつかり、無数の水しぶきを生じさせています。陽光の下で、水しぶきは透き通るようにきらきらと輝き、一粒一粒が真珠のように跳ねるため、この浜は「真珠浜」という名前が付けられました。真珠浜の誕生は、伝説によれば、色嫫女神と九寨溝の悪龍とが戦っている時、悪龍が女神のネックレスを引っ張り、散り落ちた真珠が地面についたため、美しい真珠浜になったと言われています。
 実は、この浅瀬は幅が160メートル、全面積が9.5万平方メートルで勾配が平坦なため、石灰の沈澱、堆積と独特的な「生物カルスト」という地形と互いの影響を受けて、きわめて小さい孔質の穴が河床に遍く行き渡るようになっています。水がこのくぼみに隔てられ、「真珠」のように昼も夜も休まないで跳ねている景観を生み出しています。桟橋が一本真珠浜にまたがり、橋の下では黄色い蘚苔が透き間なく繁茂しています。このユニークな浜に身を置けば、「とうとうたる銀花を足で踏む、数万ヘクタールの真珠を胸に抱く」かのようなこころもちを楽しむことができます。
 真珠浜の東側には、九寨溝で最も特異なカルシウムの滝――「真珠浜の滝」があります。急激な水が真珠浜の斜面にしたがって200メートル程前に流れると、崖にぶつかり深い谷に落ちます。この滝は高さが21メートル、幅が162.5メートルで、最大の落差が40メートル程です。谷底の傍らから仰ぎ見ると、滝のてっぺんが、三日月が青い天に埋め込まれているように見えます。湖水が天から流れ落ち、深い淵に注ぎ込んで、艶やかな谷の中で水しぶきを起こします。落水の音がとどろき、谷川が沸きあがるといった雄大な壮観で、気力がみなぎります。天幕のように切り立った断層から垂れ下がり、まるで勢い盛んな「千軍万馬」のようで幽谷では大自然の壮美と威勢を示しています。
 真珠浜滝は、九寨溝に最も美しい景観のひとつとして観光客が集まるところで、風の音、水の音、森の音と鳥の鳴き声とが自然のアンサンブルを生み出しています。訪れた人々は、知らず知らずにこの調和的な環境の中に溶け込み、本来の素朴な状態に戻り、リラックスした感覚を楽しむことができます。湖、トラバーチン、滝、浜、流水などの景色が並存し、九寨溝風光の個性と特徴を生み出しています。真珠浜は、九寨溝の風景の絶妙な縮図であるとも言われています。
 長海は則査窪溝の最奥部に位置し、標高が3060メートル、面積が30万平方メートル、長さが約7.5キロメートル、幅が約600メートルで、湖水の一番深い所が百メートルぐらいです。九寨溝では海抜が最も高く、湖面が最も広く、最も深い湖です。
 長海は氷堆石が塞がって生まれたもので、「S」の形をしていて、氷河地形の典型的な景観を持っています。夏と秋になると、紺碧の湖水が輝き、切り立った山々が湖畔に幾重にも重なり合っていて、森も青々として滴り落ちてきそうです。平穏で落ち着くとき、湖面が青いガラスみたいに静かになります。風がそよそよ撫でると、湖面が細かい鱗みたいに瞬くようになります。長海が山に沿ってくねくねと流れ、先端が深い谷に隠れます。遠く眺めると、鏡のような湖水が静かで、雄大な雪峰が聳え立ち、青い空と白い雲との独特な雰囲気に浸り、とても壮観になります。冬の時節、白い雪に覆われた山々が「鎧兜」を纏い、氷の峰が寒い光を放つようになります。湖面の氷が60センチほど厚く張り、長海は氷の海になります。
 長海が山中の雪解け水と湧水を集めるため、水量は一年中一定です。周りには水の出口も入り口もありません、夏の豪雨でも溢れないし、冬の乾燥にも枯れることはありません。そのため、当地チベット族の住民は長海が「満ちるように詰められないし、枯れるように漏れない宝のヒョウタン」だと言います。長海の湖水が蒸発と地下に浸透するという形で流動し、他の湖の水源になっているので、長海は「九寨溝湖の母」もと誉められています。
http://www.sctabi.com