成都現地発ツアー|成都現地旅行会社|成都現地発九寨溝ツアー|成都九寨溝黄龍ツアー|九寨溝ツアー|成都観光ツアー|成都現地旅行代理店|成都パンダボランティア|成都パンダ抱っこツアー

成都観光|九寨溝ツアー|成都発九寨溝ツアー|成都現地旅行会社|成都パンダボランデイア|成都現地発・ツアー

成都現地発ツアー、成都ツアー、成都現地ツアー、成都観光ツアー、成都観光ガイド、成都現地旅行会社、九寨溝ツアー、九寨溝現地ツアー、九寨溝ツアー成都発、成都発九寨溝黄龍ツアー、成都現地日本語ガイド、成都パンダボランティア、成都パンダ抱っこツアー、成都パンダ現地ツアー http://www.sctabi.com

青城山の絶景はおすすめ!青城山行き方

青城山とはどこにあたる場所か皆さんはご存知でしょうか?知らない方もいらっしゃると思いますが、実は中国にある風景に富んだ場所のようです。名前からしたら国内にあるイメージですね!今回は青城山のおすすめスポットに焦点を当ててご紹介いたします!
先ほど青城山は中国に位置すると述べましたが、もっと具体的に言うと四川省都江堰市の西側にある山地となっています!青城山の景観は、まさしく中国の歴史を感じるものとなっており、観光に訪れる人も少なくありません。また、ここからの風景もおすすめです。自然豊かな絶景が必ず癒しとなることでしょう!
四川省を代表する世界遺産!『青城山』
実は青城山は中国の中でも言わずと知れた歴史名山となっています!また、国家重点風景名勝区という何やら難しい言葉で表されていますが、2000年に世界遺産として登録された中国が誇る文化遺産として有名です。中国の世界遺産といえば万里の長城もですかね!中国は歴史的文化財が多いと聞きますね!
ちなみにどのくらいの数?
ちなみに余談ですが、世界遺産登録数ランキングで中国は世界第2位に輝いています!文化遺産が35件、自然遺産が11件、複合遺産は4件で、合計50件の登録数があり1位のイタリアとわずか1件違いです。ちなみに日本は12位の20件です(2016年調べ)。アジアの中でも群を抜いての数です!まさに中国4000年の歴史といったところですね!
『青城山』の近くにもう1つ世界遺産が!
冒頭で『青城山』は四川省都江堰市の西側に位置すると述べました。実はこの都江堰市の市街地に隣接した場所に、古代の水利施設『都江堰』があります。実は、この『都江堰』が『青城山』と同じく世界遺産に登録されています!それも、年代も同じくして登録されているようです。『青城山』を観光したら『都江堰』に寄るのもおすすめですよ!
『都江堰』で有名なものはパンダ!
少し脱線して『都江堰』に寄った際に、ぜひ見て頂きたいのがパンダです!中国といえばパンダというほどの人気動物がこの場所ではかなり有名です!ネットや情報誌でいろいろと検索してみても、必ずと言っていいほどパンダの情報があふれています。歴史を触れた後にパンダに触れるのも癒されていいと思いますよ!
『青城山』の歴史を軽く
せっかくなので、ここで軽く『青城山』の歴史について触れたいと思います!森林が四季を通して青々とし、環状に連なる峰々が城郭のように見えるために『青城山』の名がついたそうです。『青城山』前山、後山に二分され、前山は風景名勝区の主要部分で、主峰の老霄頂は標高1600mと抜群の風景を誇っています。
『青城山』についてもう少し深く
もう少し『青城山』ついてお話しするのであれば、前山は道教発祥地の一つとして知られている名山です。ここには多くの道教寺院が並び建っており、歴史を感じるのであればこちらは見ておくべきでしょう!これ以上はかなり深い話になるので、もっと詳細を知りたい方は調べてみて下さいね!後山は自然、歴史を感じられながらも旅館や飲食店が多いので、気軽に足を運びやすいです。
名山『青城山』への行き方は?
世界遺産『青城山』へ行ってみたいけど、行き方がわからない。しかし、海外なので行き方がわからないのも無理ありません。一番は現地の方に行き方を伺うのがいい方法ですが、言葉の壁と高値を取られるのではないかという心配もありますね。なのでここでは、わかる限りの行き方を調べてまとめてみました!参考にしてみて下さい!
日本から中国への行き方は、さすがに省略させていただきます!『青城山』の省都は都江堰市にあたるので、四川省省都成都市からの行き方をご説明しますね。主な移動手段はバスとなります。中国にもバスセンターがあるのでそこを利用します。
乗り換えがおすすめ!
成都旅游集散中心というバスセンターがあります。そこから直行のバスが出ていますが、1日一便しかないというとんでもなく少ないです。なので、茶店子客伝駅というバスセンターから都江堰のバスセンターまで行き、102路のバスで青城山駅へ行くことができます。時間の効率を考えると、直行で行くより乗り換えをおすすめします。
観光のあとは『青城山』でグルメ!
世界遺産をたっぷり観光した後はお腹も空いている頃でしょう。観光はもちろんですがせっかく中国に来たのであれば、グルメも味合わないともったいないですからね!四川省なので、辛い物がたくさん堪能できると思いますよ!ここでは少し、『青城山』周辺で堪能できるグルメをいくつか紹介したいと思います。
続いてはこちらの『陈麻婆豆腐餐厅』というお店です。ここは『青城山』から約3.0Km程の場所にあります。なんと麻婆豆腐発祥の店として大変人気の店になっているようです。本場の四川麻婆豆腐を堪能することができます!有名というだけあって、昼食や夕食時は大変混雑するみたいですが四川のグルメを味わうならおすすめです!
都江堰に寄ったらこちら『郡守府』
こちらは都江堰市にあるレストランになります。『青城山』へ行く途中で『都江堰』に寄った際に腹ごしらえをするのもいいかもしれませんね。ここではシーフードを堪能できるお店となっているようです。なかでもスパイシーなシーフード料理を味わえると評判ですよ!また、店内からの景色もいいと料理、風景ともに口コミでとても評判となっています。
『青城山』で温泉を楽しむ!
私は中国で温泉のイメージがなかったですが、ここ『青城山』、『都江堰』では温泉を楽しむことができます。先にお話しした『青城山』の後山では、名所の一つとして泰安古鎮というところがあります。古い集落の中心に泰安寺が建っており、旅館や飲食店がここには多く点在しています。ホテルもいいですが、世界遺産を見ながらの温泉はおすすめです!
http://www.sctabi.com