成都現地発ツアー|成都現地旅行会社|成都現地発九寨溝ツアー|成都九寨溝黄龍ツアー|九寨溝ツアー|成都観光ツアー|成都現地旅行代理店|成都パンダボランティア|成都パンダ抱っこツアー

成都観光|九寨溝ツアー|成都発九寨溝ツアー|成都現地旅行会社|成都パンダボランデイア|成都現地発・ツアー

成都現地発ツアー、成都ツアー、成都現地ツアー、成都観光ツアー、成都観光ガイド、成都現地旅行会社、九寨溝ツアー、九寨溝現地ツアー、九寨溝ツアー成都発、成都発九寨溝黄龍ツアー、成都現地日本語ガイド、成都パンダボランティア、成都パンダ抱っこツアー、成都パンダ現地ツアー http://www.sctabi.com

成都観光 成都三国志 成都三国志ツアー

紀元前17世紀に遡る殷周の時代とされる金沙遺跡(きんさいせき)があり、かつては三国志蜀の都であり劉備玄徳、諸葛亮孔明らの英雄たちが住んでいたのが中国四川省成都市です。
様々な見どころがありますが、一般の観光案内にあまり掲載されることが無い場所をチョイス。劉備玄徳が涙した「洗面橋」、「通恵門」(琴台路)、文殊院、竹林「望江楼公園」、錦里古街。
歴史と美しさを体感できる名勝地のご紹介です。
劉備玄徳の「洗面橋」
最初にご紹介するのは、劉備玄徳と諸葛亮孔明を祀った廟である武侯祠に近い「洗面橋」です。
蜀の初代皇帝であった劉備玄徳の部下に、忠臣と言われた関羽(生年不詳- 建安24年(220年))がいます。武勇と何よりも義理を大事にした関羽は、敵である魏の曹操からも認められる存在でした。しかしながら彼は呉との戦で捕らわれ、斬首されます。
その関羽を弔う廟がかつてこの付近にあり、服が残されていたことから「衣冠廟」と呼ばれました。劉備関羽の廟に向かう際、涙を流し続けます。しかしそのような顔で関羽に会うわけにはいかないと、橋のたもとの川で顔を洗うのです。そこから洗面橋と呼ばれるようになります。
市民の便利さのために作られた「通恵門」(琴台路)
続いて、見事な門構えの通恵門ですが、その奥の通りは広く作られており、通りの両側にも見事な作りの建物が並んでいます。建物の作りと入居している店はまったく別で、一般の雑貨屋、銀行、飲食店等がある不思議な通りです。アイスや冷たい飲み物を揃えた店で一休みしてみましょう。
この辺りは昔、清朝の城壁があり、その西門が北の方向に遠く離れていて不便な状態が続きました。中国の民主化運動であった辛亥革命の後の1913年に、寺への参道として新しく門が作られますが、それがこの通恵門です。その後、1958年には古い城壁が撤去されています。
四川省の仏教中心寺「文殊院
三つ目にご紹介するのは、仏教寺院の「文殊院」です。老若男女を問わず、多くの参拝者が訪れます。
仏教寺院なのですが、道教寺院のように黒い建物のこちらは、歴史が古く南北朝時代(420年-589年)に創建され、宋代に信相寺となりました。その後、明代に戦火により焼失。清朝の1697年に再建された際、「文殊院」と寺号を変え今日に至っています。
こちらの見どころはとても多く、どの建物も典型的な清代建築となっており、そこに美しい透かし彫りの飾り窓が付いています。中国国内では文化大革命で多くの寺院が破壊されますが、ここは奇跡的に残されたのです。
ここで特に有名なのが唐の僧、玄奘三蔵(602年-664年)の頭蓋骨です。1942年、旧日本軍によって偶然、南京で発見されています。そして1958年、文殊院の蔵経楼霊骨塔に分骨されています。
その意味でも、こちらはぜひとも訪れてみたい場所の一つです。
美しき竹林「望江楼公園」
四つ目にご紹介するのは、竹林と見事な池のある「望江楼公園」です。古い歴史を持っていて、唐代の女流詩人薛涛(セツトウ)にちなんで清朝に造られています。成都の南部に位置し、流れる錦江のほとりの公園は、晩年の薛涛が水を汲んだという井戸が残されています。竹が多く植えられている理由は、薛涛が竹をこよなく愛したからです。
ここでは多くの成都市民がお茶を飲み、散歩や麻雀を楽しむ憩いの場となっています。見事な池は、観光の合間に一時の安らぎの時間を与えてくれるでしょう。
蜀を再現した「錦里古街」
最後に武侯祠に隣接する「錦里古街」です。ここは昼も夜も大変賑やかな場所となっており、お土産品、食堂、喫茶店、そして夜には多くのバーが開店します。この辺りは蜀の時代の古い町並みを再現したところで、道幅は狭く作られていますが、見所が多くあります。食べ歩きをするのも楽しい時間となるでしょう。夜は提灯に灯りが入り、美しい景観となります。
あまり知られていない洗面橋や通恵門。成都は魅力ある観光都
中国四川省成都市には、有名な観光地が多く有ります。しかしながら今回ご紹介したように、市民の日常生活に溶け込んでいながらも見事な景観や美しい姿、そして長い歴史を有する場所があるのです。
これを機会に、成都市内を歩いてみませんか?
http://www.sctabi.com