成都現地発ツアー|成都現地旅行会社|成都現地発九寨溝ツアー|成都九寨溝黄龍ツアー|九寨溝ツアー|成都観光ツアー|成都現地旅行代理店|成都パンダボランティア|成都パンダ抱っこツアー

成都観光|九寨溝ツアー|成都発九寨溝ツアー|成都現地旅行会社|成都パンダボランデイア|成都現地発・ツアー

成都現地発ツアー、成都ツアー、成都現地ツアー、成都観光ツアー、成都観光ガイド、成都現地旅行会社、九寨溝ツアー、九寨溝現地ツアー、九寨溝ツアー成都発、成都発九寨溝黄龍ツアー、成都現地日本語ガイド、成都パンダボランティア、成都パンダ抱っこツアー、成都パンダ現地ツアー http://www.sctabi.com

成都グルメ 四川料理 四川火鍋 成都名物店

中国四大料理の一つである四川料理は、香辛料をたくさん使った辛い料理ということで知られています。日本でも、麻婆豆腐やエビチリなどは、一般的な中華料理として口にすることがあります。
四川省省都成都では、そんな伝統的な四川料理から現代風にアレンジされた料理、そして屋台グルメまで、いろいろと楽しむことができるんです。
ここでは、そんなバリエーション豊かな成都の絶品グルメ13品をご紹介します。
とりあえずこれだけは食べておきたい!主菜の数々
四川料理の代表選手といえば麻婆豆腐。唐辛子の辛さよりも山椒のしびれるような辛さが特徴です。ご飯が進むどころかビールもお茶も進む、そんな本場の麻婆豆腐は外せません。
どうせ麻婆豆腐を食べるなら、元祖「陳麻婆豆腐店」でいただきましょう。「麻婆」とはおばさんの意味で、陳おばさんのつくった豆腐料理が発祥とされています。
<店舗:陳麻婆豆腐店>
成都では、たくさんの火鍋レストランを見かけます。火鍋とは、スープに具材を入れて食べる中華風の鍋料理のことです。通常、鍋を半分に仕切って、辛くない白濁スープと唐辛子たっぷりの辛いスープを入れ、好みの具材を煮込んで食べます。
大鍋をみんなで食べるのもいいけれど、最近ではお一人様の火鍋も人気です。白濁スープに辛味をつけていない具材を組み合わせれば、辛いものが苦手なあなたでも食べられる火鍋が完成です。
<店舗:呵呷呵呷小火鍋>
最近、急に勢力を伸ばしているのが干鍋です。スープたっぷりの火鍋に対して、干鍋はスープがありません。メインになる肉料理は、牛肉、鶏肉、豚肉などから選べますが、成都の人はウサギ肉を選んだりします。
四川料理の中でも比較的歴史の浅い干鍋、セロリやカリフラワーなどを入れるお店もあり、伝統料理とのハイブリッド感がいいですね。
<写真:新座小吃場>
スナック感覚で気軽に食べたいテッパンメニュー!
成都で人気のあるワンタンスープが龍抄手です。スープは最初から辛いものもあれば、普通の白湯に自分好みで辛味を足していくものもあります。
「抄手」とは中国南方地区でワンタンを意味し、龍抄手とは「龍ワンタン」という意味で、薄皮でジューシーなワンタンとコクのあるスープが特徴です。なお、龍抄手の本家では、「龍抄手」をそのまま店名としても使っています。

<写真:桃縁餐店>
担々麺は日本でもおなじみの辛い麺です。もともと四川では汁なし麺が一般的で、軽食として食べられていました。しかし、現在では汁の入った担々麺も普及、トッピングのバリエーションも増え、お店によっては担々麺と呼ばず、独自の名前をつけているところもあります。
<写真:桃縁餐店>
四川風アレンジの冷麺、それが四川涼麺です。ひんやり冷たい麺にラー油やニンニクなどの薬味を加えます。そのゲリラ的な辛さ、病みつきになるほどおいしいと感じる日本人がいるとは思いませんが、やっぱり食べておきたい庶民のグルメです。体調のいいときにお試しください。
<写真:熊猫小吃>
小腹を満たしてくれる屋台グルメ
成都といえば三国志三国志といえば、登場人物の一人・武勇の張飛が有名です。そして、そんな張飛がイメージキャラクターとなっているのが張飛牛肉です。乾燥牛肉本来の味が楽しめる塩味のものと、四川風の辛いものの2種類があります。ご飯が進むというより、ビールが進む一品です。
<店舗:張飛牛肉>
エンドウ豆からつくられた涼粉は、お店の秘伝のラー油や薬味を絡めて食べます。食感は日本のところてんに似ています。現地の人は口当たりがいいのでつるっと食べますが、日本人はつるっとはいきません、辛過ぎます。ゆっくりと味わいながらいただきましょう。
<店舗:周新華本店>
ホットケーキのような生地にいろいろな具材を挟んでいただく蛋烘糕は、気軽に食べることができるスナックです。砂糖や小豆など甘いものを挟んで食べたり、ザーサイなどの漬物を挟んで食べたりします。お店によって具材はいろいろ、お好みでどうぞ。
<店舗:隆中対蛋烘糕>
辛い四川料理だけじゃない!口直しにぴったりデザート系!
もちっとした食感、生地のほんのりとした甘さ、香ばしいクルミの風味が口の中にやさしく広がります。それが核桃餅(ウォルナッツケーキ)です。手も汚れず、食べ歩きにぴったり、隠れた四川の特産品です。
<店舗:錦里 核桃餅>
三大炮を注文すると、職人さんが丸めた3つの餅をどらにめがけて投げつけます。すると、ボーン、ボーン、ボーン!どらが3回鳴り響いて、餅はきなこの入った器へ落ちていきます。そして、そのきなこ餅に黒蜜とゴマをかけると三大炮のでき上がりです。一連のパフォーマンスが楽しいデザートです。
<店舗:周新華本店>
成都の街を歩いていると、結構目につく「酸ナイ」の看板、ヨーグルトのお店です。しかし、成都のヨーグルト、食べるにしてはやわらかい、飲むにしてはかたいという微妙な固まり方です。
買った際にスプーンがついていれば食べるヨーグルト、ストローがついていれば飲むヨーグルトということですが、スプーンですくってもすぐ落ちる、ストローをさしても吸い上げられない!ぜひ、成都のヨーグルトと格闘してください。
<店舗:巷子酸ナイ>
実は四川省はお茶の名産地
四川省はお茶の産地が多いことでも有名です。無発酵の緑茶系のお茶が多く生産されていますが、パンダの大好物、竹を使った竹茶(竹叶青)も有名です。黄緑色の芽の部分だけの茶葉は見た目にもとてもきれいで、芳醇な香りを楽しみながらいただきます。
<店舗:鶴鳴茶社>
成都に行ったなら、伝統的四川料理だけなんてもったいない!
確かに、成都に行ったなら四川料理をいただくのは当たり前!しかし、それだけでは成都で食い倒れたことにはなりません。今に引き継がれた伝統的な料理から現代風にアレンジされた料理、そして庶民の間で広がった屋台料理まで、四川料理のバリエーションは豊富です。
辛いものもあるけれど、決してそれだけではない四川料理。あなたも成都でお試しください!
http://www.sctabi.com