成都現地発ツアー|成都現地旅行会社|成都現地発九寨溝ツアー|成都九寨溝黄龍ツアー|九寨溝ツアー|成都観光ツアー|成都現地旅行代理店|成都パンダボランティア|成都パンダ抱っこツアー

成都観光|九寨溝ツアー|成都発九寨溝ツアー|成都現地旅行会社|成都パンダボランデイア|成都現地発・ツアー

成都現地発ツアー、成都ツアー、成都現地ツアー、成都観光ツアー、成都観光ガイド、成都現地旅行会社、九寨溝ツアー、九寨溝現地ツアー、九寨溝ツアー成都発、成都発九寨溝黄龍ツアー、成都現地日本語ガイド、成都パンダボランティア、成都パンダ抱っこツアー、成都パンダ現地ツアー http://www.sctabi.com

成都現地発楽山大仏観光

楽山大仏世界最大の石刻大仏
楽山大仏
楽山大仏(らくざんだいぶつ)は中国・四川省楽山市にある弥勒菩薩を象って彫られた巨大な磨崖仏(石仏)で、石窟寺院の一種です。峨眉山地域内の長江の支流、岷江(びんこう)、大渡河、青衣江が合流する地点にあります。
らくざんだいぶつ
近代以前に造られたものでは世界最大・最長の仏像であり、石像です。顔は100畳分、岩山を掘り、90年かけて造られました。高さは71メートルで、東大寺の大仏の5倍にも及びます。当時、多くの大仏が国家によって造られたのに対して、楽山大仏は民衆の力で作られました。
四川楽山磨崖仏(石仏)
1996年、「峨眉山と楽山大仏」として、近隣にある峨眉山とともにユネスコ世界遺産に登録されています。
峨眉山から約40 km離れた岷江と大渡河、青衣江の合流地付近、河の氾濫や水難事故を鎮める目的で、713 年の着工から約90 年の歳月をかけて建てられた。高さは約71mあり、世界で最も高い石刻大仏といわれている。楽山大仏開鑿の歴史的功績は中国の仏教文化の隆盛に貢献しただけでなく、流れが複雑で水の事故が絶えなかった3本の川の流れを調節する水利工事を築き上げ、地元の住民に利をもたらしたことにあります。
四川芭石鉄道嘉陽蒸気機関車
芭石鉄道 蒸気機関車 嘉陽小火車
「嘉陽小火車」は四川省成都から南へ約200キロメートルほどのところにあります。「嘉陽小火車」までは、楽山、犍为と南下して、観光の拠点となる嘉陽に向かうことになります。成都から楽山へ行き、中国でも屈指の観光名所、圧卷の楽山大仏世界遺産)を見学し、楽山に一泊し、翌日、蒸気機関車乗車体験後、成都市内に戻るプランが最適だと思います。
世界で最後の旅客を運ぶ現役の蒸気機関車と言われる芭石鉄路の嘉陽小火車は1959年に開通し、 石溪站と黄村井站を結ぶ全長19.84km、軌道幅762mmのナローゲージ蒸気機関車 牽引の鉄道です。世界唯一の全日運転のSL鉄道です。一日に4本、石溪站始発6時・9時 30分・14時・17時30分で、終点黄村井站折り返しで、往復所要時間2時間半です。
中国人のお客様も外国人のお客様もそんな中国の農村を走る昔ながらの蒸気機関車を見に行ったり、乗車体験したりして、「嘉陽」や「犍為」の町も何でもないですが、蒸気機関車があるがゆえに一躍有名になってしまいました。駅などの設備は奇麗に整備され、観光案内所まで建てられています。

http://www.sctabi.com