成都現地発ツアー|成都現地旅行会社|成都現地発九寨溝ツアー|成都九寨溝黄龍ツアー|九寨溝ツアー|成都観光ツアー|成都現地旅行代理店|成都パンダボランティア|成都パンダ抱っこツアー

成都観光|九寨溝ツアー|成都発九寨溝ツアー|成都現地旅行会社|成都パンダボランデイア|成都現地発・ツアー

成都現地発ツアー、成都ツアー、成都現地ツアー、成都観光ツアー、成都観光ガイド、成都現地旅行会社、九寨溝ツアー、九寨溝現地ツアー、九寨溝ツアー成都発、成都発九寨溝黄龍ツアー、成都現地日本語ガイド、成都パンダボランティア、成都パンダ抱っこツアー、成都パンダ現地ツアー http://www.sctabi.com

成都 観光 日数

都江堰
都江堰は四川省都江堰市の灌口という町に位置し、古代に建設され、今でも役に立っている大規模な水利プロジェクトです。「世界水利文化の開祖」と呼ばれ、中国の有名な名所古跡の一つです。秦の時代の蜀郡の太守(注釈:中国の古代の官職)李氷父子が群衆を率いて、紀元前256年ごろ都江堰水利プロジェクトを建設しました。今では、全世界で歴史が最も長く、唯一保存され、しかもダムがなくて引航を実現する大型の水利プロジェクトです。2000年、悠久な歴史、大きいな規模、合理的な構成、科学的な運行、環境にもやさしいなどの特徴で、また歴史の面でも科学の分野でも高い価値を備えているので、都江堰水利プロジェクトは世界文化遺産に登録されました。
現在、成都平原は「天府の国」と呼ばれていますが、古代には実に旱魃や洪水も非常に頻繁な地域でした。岷江は長江の支流で、しかも水量がすごく豊富で、ちょうど四川盆地という中国西部の豊かな地域を経由し、典型的な地上川になりました。都江堰と成都の距離はわずか50キロメートルですが、しかし273メートルの驚くほどの高低差があります。古代には、岷江は洪水が発生したら、成都平原は果てしのない海原になって、旱魃(かんばつ:雨が降らないなどの理由で土壌が乾ききってしまい、農作物が育たない状況。)が発生したら、また不毛の地域になってしまいました。
魚嘴
都江堰水利プロジェクトは洪水防止、農業灌漑用水の提供、水上運送を一体とした水利工事です。都江堰の第一肝心な部分の魚嘴は分水の役割を果たしています。魚嘴(岷江の流れを適切な比率で本流と灌江に分ける「魚嘴」は最も重要な構造物である。)の建設場所、大きさ、長さ、高さ、傾斜角度と造る位置の周辺の水流流速、水量などが全部精密に計算、設計されています。それで造った魚嘴がうまく岷江の内江と外江の分水をしています。増水期は上流から流れてきた岷江総水量の60%が外江に入り、40%が内江に流れます、渇水期が逆になり、60%の水量が内江に入り、40%の水量が外江に入ります。そうすると、うまく内江に入る水量をコントロールして、増水期の洪水を防ぎ、渇水期には農業灌漑用水を確保します。
宝瓶
都江堰第二の肝心部分‐宝瓶口は成都へ水を導く主要な役割のほかに2回目の分水効果もあります。宝瓶口は幅が一定なので、その中に入る水が自然に制限されています。余った水は、飛沙堰を通って、外江に流れ、効率的な2回目の分水機能をしています。
都江堰水利プロジェクトのおかげで、成都平原は広くて肥沃な地域になって、中国西部は真珠のように輝いています。
二王廟建築群は世界遺産に登録された重要な都江堰の一部です。岷江(注釈:長江の支流の一つ)の東側、玉壘山のふもとに位置し、秦の時代の李氷父子を祭るために建てられました。はじめは南北時代(420年—公元589年)に建設され、清の時代に再建されました。廟内には李氷父子の彫像があり、石の壁には治水に関する格言が刻まれています。後ろの神殿の右側には有名な画家の張大千や徐悲鴻などの篆刻が飾られています。庭園には色々な種類の貴重な植物が植えられ、巨大な木がそびえ立ち、とても涼しいです。ここは四川省の名所旧跡のひとつと言えるでしょう。
二王廟建築群は都江堰の東側にあり大規模かつ合理的な構造で幽玄な雰囲気に溢れています。総面積は5万平方メートル、そのうち主な建築物の面積は1万平方メートルあります。二王廟は東園と西園に分けられ、それぞれに庭園と建築群があります。廟はすべて地理的環境によって設計され、山を背景として建てられています。一般的な古代建築と異なり、二王廟は中軸線対称というスタイルをとっていません。周囲の環境の美しさもあり建築群は秀麗かつ壮大な姿を呈しています。
新しく建てられた李氷博物館内には李氷が水利の専門家として、また地方の官僚としての物語が紹介され、都江堰水利プロジェクトの各時代の様子も展示されています。廟の前にある内江と外江を繋がった安欄索橋は「中国古代五大橋」のひとつで、廟内の遠景楼からは都江堰の雄大な姿が眼下に広がっています。
2008年に起きた四川大地震では四川省のシンボルとしての二王廟は大きな損害を被りました。修繕工事はできるだけ元の材料を使い原案をもとに現地で行われました。修繕の計画、資金協力、技術及び人手の確保は国家文化局によって執り行われました。三年間の努力を重ね、二王廟は再び蜀の大地に佇んでいます。
http://www.sctabi.com