成都現地発ツアー|成都現地旅行会社|成都現地発九寨溝ツアー|成都九寨溝黄龍ツアー|九寨溝ツアー|成都観光ツアー|成都現地旅行代理店|成都パンダボランティア|成都パンダ抱っこツアー

成都観光|九寨溝ツアー|成都発九寨溝ツアー|成都現地旅行会社|成都パンダボランデイア|成都現地発・ツアー

成都現地発ツアー、成都ツアー、成都現地ツアー、成都観光ツアー、成都観光ガイド、成都現地旅行会社、九寨溝ツアー、九寨溝現地ツアー、九寨溝ツアー成都発、成都発九寨溝黄龍ツアー、成都現地日本語ガイド、成都パンダボランティア、成都パンダ抱っこツアー、成都パンダ現地ツアー http://www.sctabi.com

成都市内観光

三国志遺跡
中国の三国志遺跡は各省に渡って無数に点在し、うち最も集中しているのは四川省成都湖北省武漢陝西省西安の近くです。成都三国時代諸葛孔明蜀漢政権を掌握した場所で、現在、三国志遺跡は成都武侯祠、徳陽の双忠祠と龐統祠、綿陽の富楽山と蒋琬墓、剣門関、嘉陵江畔の古桟道及び閬(ロウ)中古城の張飛廟などが残されています。
武漢周りの荊州は三国文化の誕生と繁栄の歴史地区で、魏、蜀、呉といった三国時代にはここは軍事家たちの戦略要地でした。荊州市内には荊州区の古城壁、点将台、馬跑泉、洗馬池、沙市区の春秋閣、関沮口、二竜崗、偃月堤、公安県の劉備城、孫夫人城、先主営などの三国志遺跡が多く残っています。西安付近の漢中には武侯墓、武侯祠、定軍山古戦場、天蕩山古戦場、古陽平関、馬超墓祠、劉備称漢中王設壇処、諸葛亮読書台、張魯城遺跡、諸葛亮製木牛流馬処などの三国遺跡があります。

翠雲廊またの名を「皇柏」、「張飛柏」、剣閣県に位置し、険しさで知られた剣門蜀道の一部分であり、剣閣県の中心部を中心とし、東はロウ中、西は梓潼、北は昭化まで続いています。濃緑の古柏によって構成されている回廊は緑の巨大な竜のように、起伏に富んだ山並みに沿って、深い谷間を越えてくねくねと続き、剣閣古駅道の上に絡んでいます。千年来、翠雲廊の古柏は天災と人災に襲われ、現在保存されているのはわずか廊道の7900余本です。元の規模に比べてはるかに少なくなり、長い年月が経っているが、依然として生気が満ちています。世界でもめずらしい植樹された古い街路樹の集合体です。最大の樹は8人が両手で抱えるほどで、小さいのは3~4人で抱えられます。巨木の並木の林に幼柏の樹林が加わり、古くから「柏の郷」と美称された剣閣山に美しい一景が追加されます。
百里に及ぶ翠雲廊の一番きれいところは剣門関から、北へ7キロ離れた大柏樹湾にあります。狭い意味の翠雲廊はここの翠雲廊観光地を指します。翠雲廊観光地は国家森林公園であり、三百里の翠雲廊で最も大きく、最も評判の高い数本の木はここにあります。密集して生きていた古柏が多種多様な形をしており容姿がそれぞれ異なっています。人々は生長ぶり、外観及び歴史伝説によって、素晴らしい名前をたくさん付けています。例えば、生長ぶりで名付けられた「鴛鴦樹」「姉妹樹」「羅漢樹」「観音樹」「白象呑石」(白い象が石を飲み込む)など、大きさで名付けられた「状元柏」「帥大柏」「寿星樹」など、および歴史故事から来た「阿斗柏」「望郷柏」「石牛樹」「仙女樹」などが有名です。
翠雲廊の古柏が現在まで保存されたのは、歴代の厳しい命令が保護に深く関わっています。駅道と並木ができて以来、人々は道と木を保護することを責任としていました。山岳地帯の人々は橋と道の修復及び柏の植林を美徳としたり、子孫への思いやりとしたりしていました。ですから、古くから道と木を保護する良い習慣があります。そしてこのような素晴らしい伝統は今でも伝えられています。
文献記録、現存した古柏の研究学者及び民間伝説によると、古蜀道は歴史上大規模な植林が6回行われて、2回目が三国時代だといわれます。
張飛
"張飛柏"は剣閣の人々の間で翠雲廊の古柏の代名詞になっていて、昔からの言い伝えが今まで伝えられています。 張飛が当時と巴西(現、[門良]中県)の太守をつとめていたとき、軍事政府との往来が盛んでした。 当時、剣州(現、剣閣)は蜀の都から中原へ行くとき必ず通らなければならない場所でした。 政治と軍事上の必要から張飛は部下の兵士と庶民に道の両側に植樹させ、兵士と庶民の努力によって植樹の任務を完了しました。
今日、民間では当時の張飛に関して「午前中植樹して、午後は涼んだ」という伝説が残っています。 考察によると、翠雲廊の両側の直径が2メートルの古柏の木は"張飛柏"であることが分かりました。
http://www.sctabi.com