成都現地発ツアー|成都現地旅行会社|成都現地発九寨溝ツアー|成都九寨溝黄龍ツアー|九寨溝ツアー|成都観光ツアー|成都現地旅行代理店|成都パンダボランティア|成都パンダ抱っこツアー

成都観光|九寨溝ツアー|成都発九寨溝ツアー|成都現地旅行会社|成都パンダボランデイア|成都現地発・ツアー

成都現地発ツアー、成都ツアー、成都現地ツアー、成都観光ツアー、成都観光ガイド、成都現地旅行会社、九寨溝ツアー、九寨溝現地ツアー、九寨溝ツアー成都発、成都発九寨溝黄龍ツアー、成都現地日本語ガイド、成都パンダボランティア、成都パンダ抱っこツアー、成都パンダ現地ツアー http://www.sctabi.com

中国 成都 ツアー

瀘州市は四川省の市で、古くは「江陽」と呼ばれた観光地。「酒城」や「江城」の名を持つ四川省南東の街です。長江と佗川が交わり、2014年現在、瀘州市の都市化率は45.1パーセント、都市面積は135平方キロメートル、人口はおよそ136万人です。瀘州市は長江の上流にあり、四川省で最大の港と第三の空港を有しています。成都重慶経済圏の重要な物流の中心としての役目を果たしています。「瀘州方山」に代表されるように瀘州市は、自然と文化が融合した観光スポットが多い四川省の町。他にも瀘州には「張堰桂林園」など、豊かな自然を活かした観光スポットや見どころが多くあります。一方で歴史的建築物である「瀘州鐘鼓楼」の上部にある4つのチャイムクロックはドイツのシーメンス社によるものなど、ヨーロッパ風情も感じられる瀘州市の観光スポットとなっています。
鳳凰湖風景区
鳳凰湖風景区」は静かな庭園と美しい湖、そして魅力的な風景の観光スポット。瀘州市の南西、35kmのところに位置し、とても広いエリアには、多くの見どころがあります。鳳凰湖の景観は理想郷を再現した風光明媚な観光地です。見どころは湖や山、渓谷、さらには寺院もあり、趣のある風景を作り出しています!鳳凰湖風景区は、日常を忘れさせてくれるだけではありません。瀘州市のビジネスマンたちのひと時の休憩をとるための場所でもあるのです。また、学者たちの意見交換や学びの場、健康に関する情報収集するのにもぴったりの施設がそろっています。瀘州市の観光スポットで、リフレッシュするといいですね!また、見どころを全部回りたいという方は、車で観光すると便利です。
沱江
「沱江」は、長江の上流。四川省瀘州市にある観光スポットです。水源は川の西北にある「九頂山」で、北から南に流れ、瀘州市の中心部で長江と合流します。瀘州の名物といえば、お酒。「瀘州老窖」や「郎酒」と呼ばれるお酒は、四川省のお土産としても人気です。瀘州市のある四川盆地は最大の、綿花とサトウキビの産地としても知られています。沱江のもたらした豊かな水が、瀘州の街には欠かせません。観光客だけでなく、市民にも身近な沱江。長江の上流観光には、いい場所かもしれませんね!中国文明の礎となった大河を眺めて、古代中国へ思いを馳せてみるといいでしょう。
瀘州方山
「瀘州方山」は四川でも著名な山です。世界遺産にも登録されている峨眉山に次ぐ美しさがあることから、「小峨眉」とも称され、多くの観光客で賑わう観光スポットです。瀘州市の江陽区、市街地からは16kmほどのところにあります。瀘州方山は、その名の通り、正方形で99の小高い丘で構成されています。瀘州方山には苔むした清流など、美しい自然の風景を楽しめます。また、屋根の角が鋭くせり上がっている独特の建築も見ものですよ。美しい自然観光エリアなので、瀘州市を訪れた際には行っておきたい観光地の一つです。
張堰桂林園
「張堰桂林園」は、風光明媚な観光エリア。瀘州市茜草鎮の郊外に位置し市内から、およそ7キロのところにあります。1,000エーカーの敷地に15,000株以上の樹木が植えられ、観光客を賑わせています。瀘州市の張堰桂林園には、長い歴史があります。記録によると、2000年以上前に「桂園樹」の栽培が始まりました。桂園樹とは、竜眼とも呼ばれ、ライチのような樹木です。また、瀘州の桂園は西晋時代の詩人、左思が風流な景色を詩に詠んだことでも知られています。
「張堰桂林園」は清の時代に遡り、200年の歴史があります。張堰桂林園は自然植物園で、15,000株の桂園樹や、1,000株以上のライチ、1,000株以上のクスノキが植えられています。そのうち、6,000株以上が樹齢100年以上です。また張堰桂林園で見逃せない動植物が3つあります。「老木」と呼ばれる大樹、「長江奇石」という珍しい石、そして「桃花水母」という名の絶滅危惧種のクラゲです。この3つは「三宝」と呼ばれ、貴重な存在です。長い歴史によって育まれた植物園を楽しみたい方にオススメの瀘州市観光スポットです!
瀘州鐘鼓楼
「瀘州鐘鼓楼」は、瀘州市の中心部にある観光名所。瀘州のランドマークとして、市民から親しまれています。高さ約20m、4階建てのレンガ造りで、5つのとがった屋根があります。明の嘉靖16年(1537年)、瀘州市の兵備検事によって修復され、主に時報と警報の用途に使われていました。1927年になるとドイツのシーメンス社が買い取り、塔の4面に大型チャイムクロックを4つ設置しました。これによって、時報はより遠くまで聞こえるようになります。現在の鐘楼には、2,100㎡の敷地に900万元が投じられ、緑や庭、小さな噴水が造られました。瀘州市に現存する唯一の歴史的建物物で、精緻な彫刻や堅固な造りが観光客の目を楽しませてくれます。過去に焼失したこともあり、現在の鐘楼は1910年から1912年に再建されたものです。歴史好きにぴったりの観光スポットといえるでしょう!
http://www.sctabi.com