成都現地発ツアー|成都現地旅行会社|成都現地発九寨溝ツアー|成都九寨溝黄龍ツアー|九寨溝ツアー|成都観光ツアー|成都現地旅行代理店|成都パンダボランティア|成都パンダ抱っこツアー

成都観光|九寨溝ツアー|成都発九寨溝ツアー|成都現地旅行会社|成都パンダボランデイア|成都現地発・ツアー

成都現地発ツアー、成都ツアー、成都現地ツアー、成都観光ツアー、成都観光ガイド、成都現地旅行会社、九寨溝ツアー、九寨溝現地ツアー、九寨溝ツアー成都発、成都発九寨溝黄龍ツアー、成都現地日本語ガイド、成都パンダボランティア、成都パンダ抱っこツアー、成都パンダ現地ツアー http://www.sctabi.com

成都日本語ガイド

上里古鎮
雅安市雨城区の北に位置して、雅安の市街地より27キロ離れて、四県の隣接するところにあります。東は名山、邛崃、西は芦山、雨城に隣り合って、四川省の歴史文化古鎮、四川省の“十大古鎮”の一つです。もとは“羅縄”と言う名前でした。史上に南のシルクロードの邛の古道から雅安に入る重要な経由地で、唐蕃古道には重要な辺茶の要塞と茶馬司の所在地で、及び、近代中国紅軍長征の経由地です。町では韓、楊、陳、許、張の五大の家族が居たことがあり、俗称“五家口”とも言われました。
剣門蜀道
剣門蜀道は、四川盆地北部の広元に位置し、南は梓潼石牛铺から、北は広元七盤関まで続いている。
1000年前の詩人、李白の詩にも登場する名所で、数百里続く、古蜀道には、山の峰が連綿と続き、絶壁が高く険しく聳える。
古代、四川省北部には、金牛道、陰平道、米倉道という3つの蜀道があったが、中でも金牛道が最も重要で、この道がが剣門蜀道である。
三国志の時代には、蜀漢の丞相の諸葛孔明が大剣山(剣門山)の中ほどに、石で門を築いたことから、剣門関といわれ、歴代の軍事家が必ず争う地となった。
千仏岩摩崖仏像
四川省最大の石窟群であり、全国重点文化財に指定されている。広元市の北から5キロ離れた嘉陵江の東岸に位置する。清の咸豊四年(1854年)の石碑の記載から、当時仏像の総数は17000体あったとされる。中華民国の時代に、川陝ハイウェーを建設する際に、約半数の仏像が破壊された。今日、現存している石窟は約400で仏像は約7000体である。これらは南北朝から隋、唐、宋、元代までに作られたものであるが、その多くは唐代の作品である。南、北の石窟にはそれぞれ大仏洞、蓮華洞、牟尼洞、千仏洞、睡仏龕、神龍大仏、多宝窟、如意輪観音、三世仏壇、天憂花樹窟、三身仏窟、節行僧龕、菩提像龕、飛天龕、地蔵王龕、力士龕などがある。
http://www.sctabi.com