成都現地発ツアー|成都現地旅行会社|成都現地発九寨溝ツアー|成都九寨溝黄龍ツアー|九寨溝ツアー|成都観光ツアー|成都現地旅行代理店|成都パンダボランティア|成都パンダ抱っこツアー

成都観光|九寨溝ツアー|成都発九寨溝ツアー|成都現地旅行会社|成都パンダボランデイア|成都現地発・ツアー

成都現地発ツアー、成都ツアー、成都現地ツアー、成都観光ツアー、成都観光ガイド、成都現地旅行会社、九寨溝ツアー、九寨溝現地ツアー、九寨溝ツアー成都発、成都発九寨溝黄龍ツアー、成都現地日本語ガイド、成都パンダボランティア、成都パンダ抱っこツアー、成都パンダ現地ツアー http://www.sctabi.com

三星堆博物館+金沙遺跡博物館+郷土料理(昼食)ツアー

三星堆博物館+金沙遺跡博物館+郷土料理(昼食)ツアー
三星堆遺跡
成都市から30キロ離れた広漢市で発掘された遺跡。最初に発見されたのは1931年だったが、学者たちの数十年の努力によって、現在遺跡の面積は12キロ平方メートル、そのうち古城城址の面積は3平方キロメートルと判断された。1986年には大量の金器、青銅器、玉器、陶器、象牙などの文物が発掘され、世界的な話題となった。この「三星堆遺跡」の出土品を公開するために、博物館が建てられ、出土品の一部は海外でも巡回展示されている。展示場面積は4000キロ平方メートルもあり、千点以上の展示物がある。中でも注目されるのは、目が飛び出たような独特な造形の仮面「青銅縦目面具」や、高さ3.95メートルもある「青銅神樹」、高さ2.62メートル「青銅立人像」など。その他高度な技術によって製作されたものが多数展示されている。これらは黄河文明とは明らかに異なっており、殷末ごろに長江上流域で発達した文明の遺産とも推定されている。館内の売店で写真集、絵葉書、青銅器像のミニチュアのレプリカが買える。
金沙遺跡(きんさいせき)は、中国の四川省成都市にある殷周時代の遺跡。面積は5 平方kmを越える。 2007年4月16日に金沙遺址博物館(金沙遺跡博物館)が開館され、 遺跡の祭祀区発掘現場と発掘文物を展示している。 概要[編集]. 成都市の城西の青羊区金沙街道に位置し、2001年2月8日、蜀風花園の住宅開発に伴う下水道工事中に発見された。 21世紀最初の中国における考古学的大発見で、その後の発掘調査により、基本確認部分でも5平方kmに及ぶ大型遺跡である。 ここからはすでに金器200余点・

http://www.sctabi.com