成都現地発ツアー|成都現地旅行会社|成都現地発九寨溝ツアー|成都九寨溝黄龍ツアー|九寨溝ツアー|成都観光ツアー|成都現地旅行代理店|成都パンダボランティア|成都パンダ抱っこツアー

成都観光|九寨溝ツアー|成都発九寨溝ツアー|成都現地旅行会社|成都パンダボランデイア|成都現地発・ツアー

成都現地発ツアー、成都ツアー、成都現地ツアー、成都観光ツアー、成都観光ガイド、成都現地旅行会社、九寨溝ツアー、九寨溝現地ツアー、九寨溝ツアー成都発、成都発九寨溝黄龍ツアー、成都現地日本語ガイド、成都パンダボランティア、成都パンダ抱っこツアー、成都パンダ現地ツアー http://www.sctabi.com

四川省パンダ生息地

四川省パンダ生息地(シセンショウ)」
遺産種別:自然遺産
遺産所在地:四川省
世界遺産登録日:2006 年
四川省パンダ生息地
四川省パンダ生息地は臥龍自然保護区、四姑娘山、夾金山脈を含めています。総面積は約9245k㎡で、世界中の野生パンダの3割以上が生息している「パンダの聖地」で、熱帯雨林以外、植物の種類が最も豊かな区域の一つでもあります。2006年、ユネスコ世界自然遺産に登録されました。
観光地として知られている「臥龍自然保護区」は1983年3月、国務院により認定された中国初の自然保護区で、総面積は約20万ヘクタール。四川省ブン川県南西にあります。
臥龍自然保護区—パンダの故郷、四川省アバ・チベット族チャン族自治州汶川県の西南部、、邛崍山の東南面の麓に位置し、成都市から約130㎞で、交通が便利です。パンダ保護区は1963年に設立され、面積は20万ヘクタールに及んでいます。臥龍自然保護区は「パンダの故郷」、「天然の動植物園」とも呼ばれ、豊富な動物、植物や鉱物の資源を有しています。保護区に生息する100頭あまりの野生のパンダは世界のパンダ総数の10%を占めています。そのほか、世界でも名を知られる「五一棚」というパンダの野外観察センターとパンダをテーマにした博物館「パンダ博物館」も建てられています。臥龍自然保護区は四川盆地からチベット高原へ移行する渓谷地帯にあり、歴史の変遷により、多くの珍しい動物の避難所となり、原生林と原始のシステムがよく保存されました。

http://www.sctabi.com